文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

がんのサポーティブケア

医療・健康・介護のコラム

がんの支持医療に漢方を 抗がん剤の副作用 全身倦怠感や食欲不振を改善 「活用ガイド」も作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

元雄良治・金沢医科大学名誉教授に聞く

がんの支持医療に漢方を 抗がん剤の副作用 全身倦怠感や食欲不振を改善 「活用ガイド」も作成

元雄良治さん

 がん患者の闘病を支えるがんの支持医療について専門家に聞く「がんのサポーティブケア」の第8回は、「漢方」がテーマです。漢方は医療の様々な分野で活用されていますが、がんの支持療法においてはどのように使われているのでしょうか。漢方を積極的に取り入れたがん医療を実践している金沢医科大学名誉教授で、日本がんサポーティブケア学会漢方部会長を務める元雄良治さんに聞きました。(聞き手・田村良彦)

――がんの支持医療において、漢方はどのように使われているのでしょうか。

 たとえば抗がん剤の副作用でも、制吐剤のような薬剤で抑えられる症状は限られています。全身倦怠(けんたい)感や食欲不振、しびれなど、がんや治療に伴う様々な症状に対して、漢方を何とか利用できないかという試みは以前からありました。

 研究面でも、かつては日本語での症例報告ぐらいしかなかったのが、近年は前向きのランダム化比較試験の研究結果が増え始めたことも、後押ししています。

――根治治療が望めなくなった後に使われるのではと誤解していました。

 緩和ケアは、がんと診断された時から始まります。がんの診断を受けて精神的な落ち込みがみられる場合に漢方を使うことがあります。

 また、手術の前に漢方を使うことで全身状態を良好に保って合併症を減らせることにもつながります。漢方は治療前から終末期まで、がん医療のあらゆる場面で使われます。

補中益気湯や十全大補湯など

――具体的に、どんな漢方がどんな症状に用いられますか。

 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は、食欲不振や疲労感、全身倦怠感など、漢方で気虚(ききょ)と呼ぶ気力の低下がみられる状態に対して、外科手術の前後、放射線治療や抗がん剤治療の際にもよく用いられます。

 また十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)は、貧血や皮膚の乾燥などの血虚(けっきょ)と気虚が交じっている状態に対して用いられる漢方で、早くから研究も盛んで、進行がんの患者さんなどに多く使われてきました。

1 / 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

supportive-care_120-120

がんのサポーティブケア

 がんやがん治療に伴う副作用が及ぼす痛みやつらさを和らげ、がんと闘う患者を支えるのが「がんのサポーティブケア(支持医療)」です。手術や放射線、薬物療法をはじめとする、がんを治すための医療と車の両輪の関係にあります。この連載では、がんに伴う痩せの悩みや、治療に伴う副作用、痛みや心のケアなど、がんのサポーティブケアが関わるテーマについて月替わりで専門家にインタビューし、研究の最前線や患者・家族らへのアドバイスについて伺います。

がんのサポーティブケアの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事