文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

がんのサポーティブケア

医療・健康・介護のコラム

がんの支持医療に漢方を 抗がん剤の副作用 全身倦怠感や食欲不振を改善 「活用ガイド」も作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一剤で複数の症状に対応

がんの支持医療に漢方を 抗がん剤の副作用 全身倦怠感や食欲不振を改善 「活用ガイド」も作成

――がんの支持医療に漢方を使うメリットは何ですか。

 まず、漢方は一つの処方で、いくつもの症状を改善することができます。また、費用の面でも、医療機関で処方される漢方には保険が適用されますし、とても安価です。副作用も一般的には少ないと言えます。

 さらに近年、倦怠感や食欲不振などの現代医学では対応できない症状に対して、漢方の効果が期待されていることも大きいです。

――逆に、短所は何ですか。

 がんが進行して経口摂取ができない患者さんに対しては、使えません。ただし、そういった場合も、胃ろうから注入する方法などもあります。また、味やにおいが気になって飲めないという方もいらっしゃいます。その場合は、オブラートや服薬ゼリーを使うなどの工夫をします。

――抗がん剤との組み合わせで使えない場合はありますか。

 この抗がん剤だからダメというものはありません。ただし、間質性肺炎を起こしやすい分子標的薬との併用の際には注意が必要です。

――免疫チェックポイント阻害剤などの新しいタイプの薬剤についてはどうですか。

 ニボルマブの治療後に倦怠感を訴えた患者さんに対し、十全大補湯を処方して症状の改善につながった例を経験しています。今後、きちんとした臨床試験が必要ですが、十全大補湯はがんに対する免疫力を上げる作用があり、免疫チェックポイント阻害剤との併用にはメリットが期待されるのではと考えています。

西洋医学では対処できない患者の訴えに対して 

――元雄さんは、もともと消化器内科がご専門ですが、漢方に興味を持たれたきっかけは何ですか。

 1989年に漢方製剤メーカーのツムラ主催の第1回漢方医学セミナーに参加したのがきっかけです。臨床の各分野で高名な医師が診療に漢方を取り入れているのを知り、とても驚きました。

 翌週にさっそく、消化器内視鏡検査で診断した慢性胃炎で「口が苦い」と訴えた患者さんに六君子湯(りっくんしとう)を処方したのが、最初の漢方体験です。

――それまでの日常診療を通じて何か思うところがあったということでしょうか。

 がんの患者さんで、血液検査の数値には異常がないのに喉のつかえを感じるとか、おなかが張るといった訴えに対して、なすすべがなく困ったことがありました。そういった経験が、漢方に目を向けるきっかけになりました。

――最初は、消化器内科医として漢方を取り入れた?

 はい。その後、金沢医科大学に移って本格的に腫瘍内科として肺がんや乳がん、原発不明がんの抗がん剤治療に従事するようになり、そこでも漢方を取り入れるようになりました。また英語論文として世界に発信してきました。

 今では「漢方も」使っているというより、「漢方を」メインに使っているという感じですね。漢方処方から患者さんの姿がわかるようになりました。

2 / 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

supportive-care_120-120

がんのサポーティブケア

 がんやがん治療に伴う副作用が及ぼす痛みやつらさを和らげ、がんと闘う患者を支えるのが「がんのサポーティブケア(支持医療)」です。手術や放射線、薬物療法をはじめとする、がんを治すための医療と車の両輪の関係にあります。この連載では、がんに伴う痩せの悩みや、治療に伴う副作用、痛みや心のケアなど、がんのサポーティブケアが関わるテーマについて月替わりで専門家にインタビューし、研究の最前線や患者・家族らへのアドバイスについて伺います。

がんのサポーティブケアの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事