文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

2回接種の高齢者、感染後の死亡率0・89%…未接種者の5分の1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスワクチンを2回接種した65歳以上の高齢者は、未接種の高齢者に比べ、感染後の死亡率が5分の1程度にとどまることが11日、厚生労働省の分析で分かった。厚労省の助言機関の会合で報告された。

2回接種の高齢者、感染後の死亡率0・89%…未接種者の5分の1

ファイザー製のコロナワクチン

 感染者のデータを一元管理する情報システム「 HER―SYSハーシス 」のデータをもとに、今年6月に感染が判明した高齢者について、ワクチンの接種回数別の死亡者数と死亡率を調べた。死亡率は未接種者が4・31%だったのに対し、1回接種者が3・03%、2回接種者が0・89%だった。

 変異ウイルス別の死亡率は、インド由来の「デルタ株」が4・5%、英国由来の「アルファ株」が5・6%で、両者に有意な差はなかった。

 助言機関の座長を務める脇田隆字・国立感染症研究所長は「引き続き、感染状況や死亡者数などの経過を見ていく必要があるが、ワクチンによる重症化抑制などの効果がうかがえる」と評価した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事