文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

なかさとみ「吉本芸人 卵子提供で2人のママに」

医療・健康・介護のコラム

卵子提供を望む全ての人に公的な専門家のカウンセリングを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

卵子提供の規制の範囲は?

卵子提供を望む全ての人に公的な専門家のカウンセリングを

 もし日本で、加齢の有無に関係なく、卵子提供を「不妊治療の一つの選択肢」とするのであれば、私も日本産科婦人科学会の出した提案書と同じような規制を考えます。一人も実子のいない夫婦であること、同じドナーから作った受精卵で希望する人数の子供を産むこと、妊娠出産によるリスクの面から最後の出産が40代であること。このようなことが規制の範囲ではないかな、と思うのです。

 以前、卵子提供で生まれたアメリカ人男性が、インタビューの中で「卵子提供で生まれた自分のことも養子の弟のことも自分の家族構成も、全てが受け入れ難い」と言って苦悩していました。

 卵子提供ということだけでも、育ててみないと子供がどう受け止めるのかは分かりません。そこに、もし養子のきょうだいや実子のきょうだいが加わるとなれば、養子や実子への心のケアも必須となってきます。そして「子供の福祉や権利や幸せ」について、どこまで親として責任を果たせるのか? ハードルが非常に高くなってしまうと私は思うのです。

 また50代での出産は、妊娠におけるリスクだけではなく、更年期と育児が重なってしまうなど、ひときわ高齢な親となりますので、親自身のメンタル面など問題は山積みだと感じています。

卵子提供だけが解決方法なのか

 赤ちゃんが欲しいと思う気持ちは痛いほど分かるのですが、本当に赤ちゃんのためだけに、ずっと頑張り続けられるのか? 本当に卵子提供だけが解決方法なのか? もう一度、立ち止まって考えることはとても大切なことだと思います。

 いかなる状況でも「子供が欲しい」と思う親の気持ちが優先され過ぎてしまって、生まれてきた子供の気持ちが置き去りになるようなことは、あってはならないことだと思います。

法で守られない当事者家族 「愛情さえあれば」は通用しない

 一定の規制を設けることで、同じような経緯で生まれてくる卵子提供の子供が増えることは、子供にとってもプラスに作用すると思います。同じ境遇の仲間と出会える環境を作ってあげることも、子供の福祉や幸せを守る大切な要素の一つだと私は思います。

 一方で、卵子提供は卵子提供でも、あまりにもレアケース過ぎて、子供が一生かかっても同じ境遇の仲間と出会えずに人生が終わってしまうようなことが、果たして子供の幸せにつながるのかどうか。私は疑問です。愛情たっぷりに育てれば、どんな過酷な出自でも乗り越えられると思うのは親側の気持ちであり、子供がどう捉えるかは別だと思います。愛情さえあれば制度や法律は必要ないという考えは、これからの時代には通用しないのです。制度や法律は愛情とは別の問題です。

専門性のない人の卵子提供の提案には多くの問題

 もう一つの問題として、制度がないために、卵子提供について専門性を持たない人からの卵子提供の提案には問題点がたくさんあります。レアケースであるかどうかや、産後のサポート(実はこれがとても大事)がないことなどを視野に入れずに、ただ「この人に子を授けてあげたい」という気持ちだけで卵子提供を勧め、結果的にうまくいかないご家族が出た場合に犠牲になるのは子供です。

 そうならないためにも、卵子提供を受けたいと思う全ての人が、「ビジネスを排除した」公的な専門家のカウンセリングを受けながら卵子提供を決めるべきだと私は感じています。そして公的機関が運営する「卵子提供の研修会」などを作って、全ての夫婦が事前に受けられるような仕組み作りを強く願います。海外と比較しても、法整備や制度作りが遅過ぎます。生まれてくる子供のために卵子提供にも制度や法律は必要です。 

2 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

nakasatomi_prof_ver2

なか さとみ

 1971年生まれ。吉本興業所属芸人。2015年より不妊治療をしたが妊娠に至らず。卵子提供で2人の子どもを出産。19年1月10日、日本で初となる当事者による卵子提供自助グループ「アン・ネフェ」を発足。自身の経験をもとに発足以来、延べ200人以上の相談を受けている。

なかさとみ「吉本芸人 卵子提供で2人のママに」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事