文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

サトイモ豚汁…豚汁アレンジの中でも人気の一品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、軟らかな食感のサトイモを楽しむ「サトイモ豚汁」のご紹介です。

 給食で何度も登場するのが豚汁です。野菜も肉もとれて、しかもおいしい。良いことずくめの料理なので、重宝しています。しかし、何度も出してしまうとさすがに「先生、また豚汁?」と子どもたちに言われてしまいます。そこで豚汁をアレンジしたものをよく提供しているのです。例えばコチュジャンやキムチを入れて韓国風豚汁、赤みそとキノコを多めに入れた赤豚汁、焼き豆腐としらたきを入れて、しょうゆの割合を多くしたすき焼き豚汁などです。中でも人気なのが、このサトイモ豚汁です。サトイモを多めに入れて、とろっとした食感を楽しむことができます。すりゴマを隠し味で入れているので、コク深い味わいになっているのもポイントです。

 サトイモは食物繊維が多く含まれており、便秘などの腸トラブル改善が期待できます。腸内環境を整えることで、にきびや肌荒れの改善にもなりますので、食物繊維は積極的にとっていきたい栄養素です。カリウムも豊富なため、血圧やむくみの調整にも役立ちます。おいしいサトイモ豚汁を楽しみましょう。

[作り方]

(1) サトイモは皮をむいて6~8等分にする。鍋に水とサトイモを入れて強火で加熱、一煮立ちしたらお湯を捨てる(余計なぬめりがとれる)。ニンジンはいちょう切り、油揚げはせん切りにしてからお湯をかけて油抜きをしておく。万能ネギは小口切りにする。

(2) 鍋に豚肉とニンジンを入れて、強火で加熱、2分ほどいためたら、水とサトイモと油揚げ、和風だしのもとを入れて強火で一煮立ちさせる。

(3) 一度アクをとってからフタをして中火で10分ほど加熱、(A)調味料を入れて弱火で5分加熱して完成。食べる前に万能ネギをちらす(仕上げにすりゴマをさらにかけても良い)。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsumaru-susumu_prof

松丸奨(まつまる すすむ)

 管理栄養士 栄養教諭 フードコーディネーター

 1983年千葉県生まれ。専門学校卒業後、栄養士として千葉県内の市立病院に勤務。2009年より小学校で勤務。給食の献立作成や調理指導、食育の授業などを行っている。2013年には、実際に提供されている給食のおいしさなどを競う「全国学校給食甲子園」(第8回・応募総数2266校)で優勝。ドラマでの給食の監修・調理指導など担当。テレビなどのメディア出演も多数。塩分が控えめで、だしや味付け、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、「日本一の給食メシ 栄養満点3ステップ簡単レシピ100」(光文社)「ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本」(サンマーク出版)「日本一の給食レシピ 子どもがすくすく育つ」(講談社)

Instagram:https://www.instagram.com/matsumaru.susumu/
ブログ:小学校栄養士 松丸 奨のブログ

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事