モデルナ製ワクチン、2回目接種翌日に8割で37・5度以上の発熱…ファイザー製の2倍に

 米モデルナ製の新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省研究班は、2回目の接種翌日に37・5度以上の発熱が約8割で起きたとする調査結果を明らかにした。米ファイザー製の2倍の頻度という。

米モデルナ製のワクチン

 同省の専門家検討会で4日、報告された。調査はモデルナ製ワクチンを接種した自衛隊員ら約2500人が対象。2回目の接種翌日に37・5度以上の発熱があったのは78・4%で、38度以上も61・9%に上った。接種2日後にも約2割に発熱があった。これらの副反応で約4割が急きょ仕事を休まざるを得なくなっており、研究班の伊藤澄信・順天堂大客員教授は「接種翌日は勤務をしない前提で態勢を組んだ方が良い」と話した。

 このほか厚労省は、ファイザー製とモデルナ製のワクチン接種後の死亡例が7月25日までに累計834人だったと報告した。接種との因果関係について、検討会は「評価できない」か「認められない」とした。

Outbrain

【一病息災】[歌手 小林幸子さん]網膜剥離(2)受診翌日に「朝日が昇る」光景見えた 術後は病室からテレビ収録に出向く

【教えて!ヨミドック】かかりつけ医はどうやって探す?…インターネットの口コミだけでは判断しない

【森永康平「患者と医師のコミュ力を育てる」】「自分の臭いが気になるんです」と訴える10代男性…事実と解釈を見分ける

【ココロブルーに効く話 小山文彦】【Track25】2022年型、働き盛りの「うつ」流行 予想外の出来事に備えること

【常喜眞理「女のココロとカラダ講座」】食後の血液が「背脂ラーメンの汁」状態に…余ったカロリーの分だけ増える中性脂肪