文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

医師会「自宅療養への急激なシフトは医療現場に大きな負担」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日本医師会の中川俊男会長は4日の記者会見で、政府が示した新型コロナウイルス感染者の新たな療養方針に対し、「自宅療養への急激なシフトは、医療現場に大きな負担をもたらす」と懸念した。自宅療養者への往診やオンライン診療については、「通常の診療よりも時間がかかる。外来医療やワクチン接種にも影響を及ぼす」と述べた。

医師会「自宅療養への急激なシフトは医療現場に大きな負担」

中川会長

 全国の医療現場からは、中等症患者が入院できずに急変し、重篤化するケースが増える恐れがあるとの声が上がっているという。中川氏は「現場の医師が重症化リスクが高いと判断すれば、入院対象とすべきだ」との考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事