文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

日本の人口、12年連続減の1億2384万人…コロナで減少幅は鈍化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 総務省は4日、住民基本台帳に基づく今年1月1日現在の日本の人口を発表した。日本人は1億2384万2701人で、前年に比べて42万8617人(0・34%)減少。2009年をピークに12年連続の減少となった。

日本の人口、12年連続減の1億2384万人…コロナで減少幅は鈍化

総務省

 人口の減少幅は前年よりも鈍化した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、海外への転出者数が前年比49・44%の8万6251人にとどまったことが影響したとみられる。

id=20210805-249-OYT1I50050,rev=1,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

 昨年1年間の出生者数から死亡者数を引いた「自然増減数」は、マイナス53万608人(出生者数84万3321人、死亡者数137万3929人)で、1979年の調査開始以降、最大の減少となった。今回はコロナ禍での初めての調査となったが、死亡者数は前年に比べ4977人減となった。

 都道府県別では、人口が増えたのは、東京、神奈川、沖縄、千葉、埼玉の5都県。千葉、埼玉両県は、前年の減少から増加に転じた。

 東京の人口増は3万9493人(前年比0・30%増)で、前年の6万8547人(同0・52%増)よりも鈍化した。コロナの感染拡大で、東京への人口流入のペースが鈍ったとみられる。

 人口の減少数が多かったのは、北海道(3万5428人)、兵庫(2万5101人)、静岡(2万2281人)の順だった。出生者数が死亡者数を上回る自然増は沖縄県のみだった。

 日本に住む外国人は281万1543人で、前年比5万5172人(1・92%)減少した。減少は7年ぶり。コロナの影響で、入国者が減ったのが原因とみられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事