文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

医療・健康・介護のコラム

[タレント 飯田圭織さん](下)モーニング娘。が絶好調の時期、今思うとつらかった……芸能界は戦場、いつも競争だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 1998年に「モーニング娘。」のメンバーとしてメジャーデビューした飯田圭織さん。その年末には「NHK紅白歌合戦」にも出場して一躍人気グループに。2005年にはグループを卒業後もソロで歌手、女優やタレントとして活動してきました。25歳で結婚し、出産してからは子育て中心の生活をしています。現在は、小学2年生の息子と幼稚園の娘の母。子育てやモーニング娘。時代について聞きました。(聞き手・渡辺勝敏、写真・中山博敬)

オーディション会場で室蘭の同じ産院生まれの「なっち」と出会った

[タレント 飯田圭織さん](下)モーニング娘。が絶好調の時期、今思うとつらかった……芸能界は戦場、いつも競争だった

――モーニング娘。のころについて聞かせてください。もともとアイドルを夢見ていたんですか。

 幼いころから歌が好きで、3歳のころからアイドルになりたいと言って、近所のお祭りとか、公園の砂場などで歌っていたんです。松田聖子さんや中山美穂さんに憧れましたね。でも、北海道室蘭市生まれの札幌育ちで、どうすれば芸能人になれるのかわかりませんでした。アイドル雑誌を毎週買って、その端っこにあるオーディションに応募していました。でも、「第2次審査は東京」となるので無理。テレビ東京系の「ASAYAN」が札幌でオーディションをしてくださったので、それが人生最大のチャンス。電車で200円ちょっとで会場に行けるんですから。

――そのオーディションがきっかけで「モーニング娘。」としてデビューしたわけですね。

 1次は書類審査で1000人を超えるような応募があったそうですが、2次審査に残ったのは、20~30人でした。当時は、安室奈美恵さんのようなギャルブームで、きれいなお姉さんが多かったんですが、私はまだ15歳でお化粧もしていなくて、素朴な女の子がポツンという感じでした。もう1人、素朴な感じの子がいて、それがなっち(安倍なつみさん)でした。「年も同じだね。えっ、室蘭出身なの? 私も室蘭生まれ」なんていう話をしたのを覚えています。生まれた産院も同じで誕生日も2日違い。もう、初めから仲間のような親友のような感じでした。

人気アイドルになるという夢がかなっても満足感はなかった

――1998年にメジャーデビューすると、その年には「NHK紅白歌合戦」に出場する人気者に。翌年には「LOVEマシーン」が大ヒットしてトップアイドルになりました。夢が最高の形で実現したわけですね。満足感はありましたか。

 それは全然ないんですよ。人って満足しないぜいたくな生き物なんだなって、改めて思います。スターになりたくてスターになって、目指したCD100万枚の売り上げを達成して、「大きなステージで歌いたい」って、横浜アリーナ公演も実現しました。でも、メンバーで話をすると、「あの時は夢がかなっていたよね。でも、私たちは、まだ足りない、もっと上だっていうものを常に求めていて、満足したことはなかったね」という感じでした。

グループ卒業は、全力疾走でゴールテープを切った感じ

――上を求め続ける、充実した時間だったのでしょうか。

 つらかったです。競争の社会なんですよ。モーニング娘。としても競争、グループの中でもほかのメンバーと競争。スケジュールがいっぱいで、ほとんど休んでいないし、休んだらほかのアーティストに抜かれちゃうって思っていました。寝ている間も仕事のことを考えているような感覚でした。もっと肩の力を抜いてもよかったのかもしれないんですけど、戦場に立てば人ってそうなるのかなと思います。

――2005年にグループを卒業しましたが、どのように感じていましたか。

 「いくぞーっ」てずっと猛ダッシュ、全速力で走ってきて、ゴールテープを切ったという感じでした。最初は、やり切ったという気持ち。それから自分のペースって何だろうって、探して歩き出したという感じでした。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事