文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[意思決定]面会制限<4>亡き夫と続ける「対話」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[意思決定]面会制限<4>亡き夫と続ける「対話」

旅行好きだった夫の写真を手に取り、語りかけるヤスコさん(千葉県松戸市で)

 千葉県松戸市のヤスコさん(84)は、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令中の昨年4月、夫を亡くした。半年間入居したグループホームで「特別入館」を許され、93歳の誕生日を祝った翌日だった。

 貴金属のデザインや鑑定をしていた夫は、80代後半、認知症に加え、脊柱管 狭窄きょうさく 症や心筋 梗塞こうそく などを患った。車椅子が必要になった。

 ホームに移る時、当時の担当医が夫に尋ねた。「何が一番したい」。夫は「自由がほしい。妻に運転してもらってドライブに行きたい」と答えた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事