文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

文京・新宿・港の3区、東京ドームで集団接種を合同で実施へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
文京・新宿・港の3区、東京ドームで集団接種を合同で実施へ

東京ドームでのワクチン接種に関する包括連携協定書を示す(左から)長岡勤・東京ドーム社長、武井雅昭・港区長、成沢広修・文京区長、吉住健一・新宿区長、山口寿一・読売巨人軍オーナー(2日、東京都文京区で)=木田諒一朗撮影

 東京都の文京区、新宿区、港区の3区は2日、東京ドーム(文京区)で新型コロナウイルスワクチンの集団接種を合同で実施すると発表した。地域の医科大・大学付属病院などの協力を得て、街ぐるみで感染対策を推進する。三つの大規模自治体が連携した、全国でも例のない取り組みとなる。

 期間は今月16日~11月18日のうち34日間で、総勢約3万5000人が米ファイザー製ワクチンを2回接種することを想定している。3区在住で接種券を持っている人が対象で、12~15歳は保護者同伴とする。

 東京ドームを本拠地とする読売巨人軍と読売新聞社、東京ドーム、三井不動産の4社が内野のコンコースを無償で提供し、会場運営にも全面的に協力する。来場者には球団スポンサーなどが提供するキャップや飲料などのプレゼントを用意しており、時間帯によってはプロ野球の試合前練習を見学できる。

 問診などに当たる医師や看護師は、3区内にある七つの医科大・大学付属病院から派遣を受ける。ワクチンの打ち手は、現在は医療現場に従事していない潜在看護師と、日本救急救命士協会から派遣される救急救命士が務める。ワクチンの希釈や 充填じゅうてん は、調剤薬局大手クオールの薬剤師が担当する。

 安全で効率的な会場運営にするため、東京医科歯科大医学部附属病院(文京区)の植木 ゆたか ・医病新型コロナウイルス対策室長が総合監修する。救急時に備え、日本医科大付属病院(同)がドクターカーを用意する。

 集団接種事業に協力する大学・法人は次の通り。

 ▽医療法人社団和光会▽医療法人社団松英会▽東京医科歯科大▽日本医科大▽東京医科大▽東京女子医科大▽慶応大▽東京慈恵会医科大▽国際医療福祉大▽クオール▽東京都看護協会▽日本救急救命士協会▽シミズオクト▽読売旅行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事