文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

台湾と外交関係持つパラグアイ、中国ワクチン供給契約を突然破棄される…UAE企業から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【リオデジャネイロ=淵上隆悠】南米パラグアイの保健省は7月31日、中国の国有製薬大手「中国医薬集団」(シノファーム)の新型コロナウイルスワクチンを生産するアラブ首長国連邦(UAE)の企業から、供給契約を打ち切られたと発表した。パラグアイは台湾と外交関係を持つため、中国当局の圧力である可能性が指摘されている。

台湾と外交関係持つパラグアイ、中国ワクチン供給契約を突然破棄される…UAE企業から

新型コロナウイルス

 地元紙ABCコロル(電子版)などによると、パラグアイは4月、この企業から100万回分を購入する契約を結び、5月末に25万回分が到着したが、突然契約を破棄されて支払い済みの約560万ドル(約6億1000万円)も返金された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事