文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ジョージアの柔道銀メダリスト2人、「観光」で資格剥奪…処分は28人に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

東京五輪選手村

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は1日、東京都内で記者会見を開き、新型コロナウイルス対策の指針「プレーブック」が適用された7月1日以降、指針の違反で処分した大会関係者が28人に上ることを明らかにした。

 処分は開幕前に麻薬取締法違反容疑で逮捕された外国籍の男4人と、観光したジョージアの柔道銀メダリスト2人の計6人が大会参加に必要な資格認定証の 剥奪はくだつ 、8人が認定証の一時効力停止で、14人が厳重注意。厳重注意のうち、4人には指針を順守するとの誓約書も提出させた。武藤氏は「違反には厳正に対処する」と語った。

 

 組織委は、新たに18人が新型コロナの検査で陽性と判定されたと発表した。7月1日以降に公表した大会関係者の陽性者は259人となった。記者会見に同席した国際オリンピック委員会(IOC)のクリストフ・デュビ五輪統括部長は「プレーブックと緊急事態宣言のルールを守れば全員の安全が確保できる」と強調。武藤氏も「コロナ対策は想定内のレベルで対処できている。多くの方々がオリンピックをやってよかったなと思える状況」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事