文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

成田空港の水際対策はユルユル…使用不可の一般トイレ使う・ボール遊びの選手団も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

空港の一般エリアでボール遊びをして待機する選手たち。マスク未着用の選手もいた(7月20日、成田空港で)

 東京五輪で選手ら大会関係者が連日入国している成田空港で、新型コロナウイルスの水際対策として一般客と大会関係者を分離する「バブル方式」の緩さが指摘されている。全体を仕切る司令塔が不在で責任の所在が明確でないためだ。成田国際空港会社(NAA)は、実態を踏まえた対策の実現に向け、国などと協議する方針だ。

 大会関係者を含むすべての入国者は、空港に到着すると、検疫所でコロナの検査を受けた後、検査結果を数時間待つ。NAAによると、大会関係者の待機場所は当初、制限エリア内だったが、1日あたりの入国者数が想定より多く、不特定多数の人も入る一般エリアに変更したという。

 

 NAAは、空港検疫所や大会組織委員会などと協議しながら適宜、ロープで動線を変更したり、専用トイレを設けたりして「バブル」を演出している。しかし、一般客との分離は徹底されていないのが現状だ。

 7月20日夜には、第1ターミナルの一般エリアに誘導されたある国の選手団は音楽をかけてボール遊びを始めた。中にはマスクをしていない選手もおり、遠巻きに見守っていた一般客から「オリンピック選手なんだからルールやマナーは守って」と疑問の声が上がった。

 このほか、選手団の待機場所からの移動に義務づけられた組織委スタッフの同行が守られず、使用不可の一般トイレを使う事例もある。一般客が選手に駆け寄って写真を撮ったり、ハイタッチを求めたりするケースも後を絶たない。

 こうした状況が続く背景には、空港にバブル方式の全体を掌握する司令塔が不在の事情がある。NAAは「空港のスペースを提供する立場」とし、検疫所は「検査まで」が基本スタンスだ。空港関係者の間では「一義的には選手たちを受け入れている大会組織委員会が責任をもって対応するべきだ」との声が聞かれる。

 NAAの田村明比古社長は7月29日の定例記者会見でバブル方式について「ルールが守られていない事例があり、検証する必要がある」と述べ、国や大会組織委員会と協議する考えを示した。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事