文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「かかりつけ薬局」制度スタート、薬の情報を一元管理…高齢者への過剰処方を防止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 高齢者らの薬の適正使用をサポートする「地域連携薬局」の認定制度がきょう1日、スタートする。薬の情報を一元管理する“かかりつけ薬局”を普及させ、複数の医療機関にかかる高齢者が、過剰に薬を使うのを防ぐ狙いがある。

「かかりつけ薬局」制度スタート、薬の情報を一元管理…高齢者への過剰処方を防止

厚労省

 認定制度は、医薬品医療機器法に基づき、厚生労働省が新設。〈1〉地域の医療機関と連携し、患者の入退院などの際に情報交換する〈2〉地域の医療・介護関係者が集まる会議に参加する〈3〉在宅療養中の高齢者宅を訪問し、服薬指導を行う――などの要件を満たす薬局を都道府県が認定する。薬局名は、都道府県のウェブサイトで紹介される。

 持病を多く抱える高齢者は受診先が複数にまたがり、不必要な重複処方や過剰処方が起こるおそれがある。薬の種類や量が多くなると副作用が起きやすく、健康被害につながりかねない。

 そこで、認定された薬局は、患者の了解を得て服薬情報を管理。問題があれば、医療機関に連絡し減薬してもらう調整をする。

 認定薬局は、飲み忘れが多い患者には、忘れにくい管理方法を助言する。夜間休日の調剤を当番制で担うことも求められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事