文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

武井明「思春期外来の窓から」

妊娠・育児・性の悩み

不登校から抜け出した高2女子は、なぜ彼にアルバイト代を渡し続けたのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 不登校だった子どもたちにとって、異性とのお付き合いはなかなか悩ましい問題のようです。中学校時代に不登校だった女子高校生の事例を通して、思春期の異性関係の難しさを考えてみたいと思います。

言葉通りに受け取ってトラブル

不登校から抜け出した高2女子は、なぜ彼にアルバイト代を渡し続けたのか

 桃子さん(仮名)は、不登校ということで思春期外来を受診した中学生です。

 幼稚園時代の桃子さんは、みんなと同じことをせずに、一人で自分の好きな遊びをしている子でした。小学校入学後、友だちがなかなかできず、同級生から言われたことを言葉通りに受け取ってトラブルになることがありました。

 中学校入学後からは、朝になると頭痛や腹痛を訴えて学校を休むようになりました。そのため、中学1年の6月に、お母さんと一緒に思春期外来を受診しました。

 初診時の桃子さんは、顔つきや態度が年齢よりも幼い感じがする子でした。主治医から質問されても答えることができず、たえずお母さんのほうを見て、答えを求めていました。

 同伴したお母さんは、

 「小さい頃から人付き合いが苦手な子だったので、中学生になってから大丈夫なのかと心配でしかたありませんでした」

 と述べていました。2週間に1度、母親同伴で通院を開始しました。

通信制高校では同級生とよく遊ぶように

 通院が始まって3か月が()ちましたが、桃子さんは不登校のままで、自宅ではゲームに熱中していました。

 6か月が経っても登校できませんでした。今の中学校には通えそうにもないということで、別の中学校にある少人数制の不登校学級に転校することにしました。しかし、そこでも桃子さんは、登校したり休んだりを繰り返していました。

 中学校卒業後、桃子さんは通信制高校に進学し、週3回だけ学校に通うコースを選択しました。

 高校入学後の桃子さんは、

 「毎日、登校しなくてもいいので、中学校時代よりも気持ちはとても楽です。高校の同級生は、私と同じように中学校時代に不登校を経験した子ばかりなので、それなりに仲良くなることができました」

 と述べていました。

 高校入学後の桃子さんはとても活発になり、同級生ともよく遊びに出かけるようになり、さらに、2年生になってからは、ファストフード店でアルバイトを始めるようになりました。当初はとても自信なさげでしたが、何とか続けることができていました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takei-akira_prof

武井 明(たけい・あきら)

 1960年、北海道倶知安町生まれ。旭川医科大学大学院修了。精神科医。市立旭川病院精神神経科診療部長。思春期外来を長年にわたって担当。2009年、日本箱庭療法学会河合隼雄賞受賞。著書に「子どもたちのビミョーな本音」「ビミョーな子どもたち 精神科思春期外来」(いずれも日本評論社)など。

武井明「思春期外来の窓から」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事