文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

武井明「思春期外来の窓から」

医療・健康・介護のコラム

教室で理由もなく涙が…不登校の中3女子 無理せずと言う医師に「私はがんばらないと価値がない存在」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 不登校の子どもたちには、無理させず休ませることが大事であるということが、社会にも広く浸透してきました。しかし、この休んでもいいという言葉でかえって苦しむ子どもたちもいます。

「これまでに出会ったなかで一番優秀な生徒です」

“教室で理由もなく涙が…不登校の中3女子 無理せずと言う医師に「私はがんばらないと価値がない存在」” はロックされています。 教室で理由もなく涙が…不登校の中3女子 無理せずと言う医師に「私はがんばらないと価値がない存在」

 里奈さん(仮名)は、不登校で受診した女子中学生です。里奈さんの家は、お父さん、お母さん、弟との4人家族です。

 幼稚園時代は誰とでも仲良く遊ぶ活発な子でした。お遊戯会では主役を演じることもたびたびありました。

 小学校時代は人前に出ることを恥ずかしがらず、皆の先頭に立って引っ張っていく子でした。高学年になってからは学級委員長も務め、先生からは「これまでに出会ったなかで一番優秀な生徒です」とほめられました。

 中学生になった里奈さんは、吹奏楽部に入部し、熱心に練習に励みました。それだけではなく、生徒会にも加わり、学校行事をリードしてきました。部活が休みの日や土日には、学習塾にも通い、成績は常にトップクラスでした。

「学校に無理して行く必要はない」と主治医

 突然、教室で理由もなく涙が出るようになったのは、中学3年の夏休み明けでした。その後は、登校したり、休んだりを繰り返すようになり、教室で過呼吸を起こして倒れ、保健室に運ばれたこともありました。そのため、中学3年の10月に、お母さんと一緒に思春期外来を受診しました。

 初診時の里奈さんは、ただうつむいたままで何も話してくれませんでした。お母さんからこれまでの経過を聞きましたが、お母さんは、

 「これまで心配したことのない子なので、私自身もどうしてよいかわからず不安です」

 と述べていました。

 主治医は、里奈さんについて「不登校」と考え、他の不登校の子どもに対するのと同じように「型通りの対応」をしました。

 「もうがんばらなくてもいいよ。学校に無理して行く必要はない。休養のため、休んだほうがいいよ」

 と伝えたのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takei-akira_prof

武井 明(たけい・あきら)

 1960年、北海道倶知安町生まれ。旭川医科大学大学院修了。精神科医。市立旭川病院精神神経科診療部長。思春期外来を長年にわたって担当。2009年、日本箱庭療法学会河合隼雄賞受賞。著書に「子どもたちのビミョーな本音」「ビミョーな子どもたち 精神科思春期外来」(いずれも日本評論社)など。

武井明「思春期外来の窓から」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事