文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

若者「我慢の限界」自粛疲れも…進まぬ接種に危機感薄く「夏休みに何もできずうんざり」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの猛威が収まらない。東京都では、緊急事態宣言の適用が8月末まで延長されることになったが、仲間内での飲酒をためらわないなど、特に若者の中で危機感の薄さが目立つ。感染拡大を防ぐため、ワクチン接種などの対策が急務になっている。

若者「我慢の限界」自粛疲れも…進まぬ接種に危機感薄く「夏休みに何もできずうんざり」

新宿の街を行き交う多くの人たち(30日午後7時18分、東京都新宿区で)=横山就平撮影

 「0時までお酒を出してます」。新宿駅西口周辺では30日夜、居酒屋の店員が通行人にそう声をかけていた。東京都は、飲食店に終日、酒を提供しないよう求めているが、守っていない店は多い。飲食店に仲間と酒を飲みに行くという新宿区の大学2年の男性(21)は、「夏休みに入ったが、旅行にも行けないし、うんざりだ」と話した。

 道路脇に座って酒を飲む人の姿も見られ、巡回していた新宿区の男性職員は「広場や植え込みの脇に座って飲酒する人が少なくない。そういう人がいれば、やめるよう注意したい」と厳しい表情で話した。

 菅首相は30日夜の記者会見で「今回の宣言が最後となるような覚悟で対策を講じる」と訴えた。だが、繰り返される宣言に、東京都中野区のアルバイト女性(23)は、「最後と言うけれど、なぜそう言えるのか」と首をかしげる。

 若年層は感染しても症状が出ないこともあり、警戒感が薄い人もいる。JR恵比寿駅(渋谷区)近くの居酒屋でこの日、酒を飲んだ専門学校の女性(21)は、友人がコロナに感染したものの、無症状だった。「コロナの怖さが分からない」と本音を明かす。

 こうした状況に、東京都はワクチン接種が進んでいない若年層対策に乗り出している。8月上旬からは、都内にある3大学に接種会場を設置。都内の大学・短大に通う学生や教職員らを対象に接種を始める。1日あたり最大計約5000回を接種する計画で、1、2週目の予約はすでに埋まっているという。

 青山学院大4年の女性(21)は、6日に接種を受ける予定だ。この1年半、友人との会食や旅行を控えてきたが、「我慢も限界に近い」といい、「周りの人のためにも早く接種を受け、感染リスクを少しでも減らしたい」と話す。

     ◇

 埼玉と千葉、神奈川の首都圏3県は30日、それぞれ対策本部会議を開いた。

 3県は「まん延防止等重点措置」の適用地域にある飲食店に酒類提供の自粛を求めてきたが、緊急事態宣言の発令後は全県の店に酒を出す場合の休業を要請する。埼玉県の大野元裕知事は記者会見で「措置を最大限効果のあるものとする。なるべく早く日常を取り戻す」と語った。

 千葉県の熊谷俊人知事は対策本部会議で「感染は爆発的なスピードで、最大限の危機感を持っている」と述べた。神奈川県の黒岩祐治知事は「これまで経験したことのない感染激増状態に入った。医療崩壊が現実となりかねない」と訴えた。

 宣言期限の延長が決まった東京都も30日夜、対策本部会議を開いた。目立った追加措置は打ち出せず、小池百合子知事も会議後の取材に「ワクチンという『攻め』と、人流の抑制という『守り』。両方が必要だ」と強調するにとどまった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事