文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

送迎バス車内にいた5歳園児死亡、脱水症状の疑い…朝のお迎え後に降ろし忘れた可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 29日午後5時25分頃、福岡県中間市の私立双葉保育園から、「送迎バスの中で園児が倒れている」と福岡県警折尾署に通報があった。男児(5)は病院に搬送されたが、午後7時頃に死亡が確認された。男児は脱水症状の疑いがあるという。同署は30日以降に司法解剖し、死因を調べるとともに、園関係者から当時の状況を聞いている。

送迎バス車内にいた5歳園児死亡、脱水症状の疑い…朝のお迎え後に降ろし忘れた可能性

福岡県警本部

 発表によると、29日夕頃、園関係者が、同園駐車場に停車中だった送迎用バスの車内で、ぐったりしている男児を発見した。同園には送迎用のバスが複数あり、自宅付近に到着した帰りのバスに男児が乗っていなかったことに迎えに来た母親らが気付き、園関係者が捜していた。

 同日朝に男児らをお迎え後にバスから降ろし忘れた可能性もあるという。この日朝の送迎を担当したのは、運転手を務める同園職員1人だった。この職員は「(男児がバスに)乗った認識はあった。その後降りたものだと思っていたが、確認したわけではない」と調べに対し、説明しているという。

 福岡管区気象台によると、中間市に隣接する北九州市八幡西区の最高気温は29日午前11時に33・1度を観測した。

 同園のホームページなどによると、同園は1977年に設立され、従業員は35人。定員は140人。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事