文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

国内感染者最多、尾身氏「さらに拡大間違いない」…参院閉会中審査で警鐘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 参院内閣委員会は29日午前、新型コロナウイルス対応をめぐる閉会中審査を行った。政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は、28日の国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が9582人と過去最多になったことについて、「大変な危機感を感じている。感染がさらに拡大する傾向は間違いない」と指摘した。

国内感染者最多、尾身氏「さらに拡大間違いない」…参院閉会中審査で警鐘

尾身茂・新型コロナウイルス感染症対策分科会会長

 尾身氏は、「コロナ慣れ」や感染力が高いインド型(デルタ型)の変異ウイルス、夏休み、東京五輪などを例示し、「感染を下げる要素はないが、上げる要素はたくさんある」と述べた。「早晩、医療の 逼迫ひっぱく がさらに深刻になる。今は社会全体が危機感を共有するべき時期だ」と警鐘を鳴らした。

 西村経済再生相は、新規感染者数が減らない要因について、「以前の緊急事態宣言の時と比べて人流の低下が緩やかだ。若者には、ただの風邪という意識が強く、ワクチン効果で死者数が減り、安心感もあって人出が減らない」と語った。

 尾身氏は「今まで以上に明確なしっかりした強いメッセージを出していただきたい」と政府に注文をつけた。

 政府は、東京都と沖縄県に発令中の緊急事態宣言について、対象を東京都と隣接する埼玉、千葉、神奈川の3県に拡大する方向で検討している。西村氏は「(宣言の)要請があれば、速やかに判断し、機動的に対応したい」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事