文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

リングドクター・富家孝の「死を想え」

医療・健康・介護のコラム

「もう手の施しようがありません」と余命宣告を受けたら、どうしたらいいか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 末期がんの患者さんのご家族から、「余命宣告」について相談されることがあります。たとえば、こんなケースです。

 「先生、主人が担当医から、『もう手の施しようがありません、余命半年』と言われました。本当に半年しか持たないのでしょうか?」

 私の答えはこうです。

 「いや、半年ということはないと思います。まだ時間はあります。ご主人のしたいことをさせてあげてください」

 どれぐらい生きることができるかを月単位で正確に予測することはできません。ただ、患者さんから相談を受けると、「短めに話をする医者もいる」という印象を持っています。短めに言うことで、患者さんとご家族に、残り少ないということを自覚させたいからでしょう。それより長く生きたとしても、本人も家族もよかったと思うはずです。

余命宣告をする医者、しない医者

 とはいえ、余命宣告に関して否定的な医者もいます。その人がどうなるか実際にはわからないというのが、理由のひとつ。そして余命を言ってしまうと、患者さんのがんばろうという気持ち、生きる希望を摘んでしまうことを恐れるからです。暗示効果で実際にその通りになってしまうことがあります。医者の言葉は患者さんに大きな影響を与えます。見通しを知りたいと思う家族も多いので、見立てを伝えても、患者本人には言わないことも少なくありません。

 「あとどのくらい持ちますか」と聞いてくる患者さんもいます。近年、はっきりと言葉にする傾向が強くなっていると思います。

宣告された余命はあくまで「中央値」

 余命宣告は、医者の勘や経験だけで言っているわけではありません。ある程度の基準はあります。「余命1年」と言った場合、それは、生存期間の中央値が1年ということです。中央値というのは、同じ程度に進行した胃がんなら胃がんの患者の集団において、「50%の患者が亡くなるまで」の期間のことです。つまり、同じ胃がん患者が100人いた場合、50人目が亡くなった時点が胃がんの余命と考えられています。 

 その生存中央値が仮に1年だとしても、3年、5年と生きる人がいる一方で、それよりも早く亡くなる患者もいるのが現実です。そう考えると、中央値をとって「余命1年」と伝えるのも、あまりあてにならない話です。ただし、末期がんで入院中の患者さんで、主治医から「あと1、2週間ぐらいでしょう」と言われた場合は、おそらくその通りになります。病状から、かなり正確に判断することができるからです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

fuke-takashi-prof200_v2

富家 孝(ふけ・たかし)
医師、ジャーナリスト。医師の紹介などを手がける「ラ・クイリマ」代表取締役。1947年、大阪府生まれ。東京慈恵会医大卒。新日本プロレス・リングドクター、医療コンサルタントを務める。著書は「『死に方』格差社会」など65冊以上。「医者に嫌われる医者」を自認し、患者目線で医療に関する問題をわかりやすく指摘し続けている。

リングドクター・富家孝の「死を想え」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事