文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

【独自】日本生命、中小企業向け健康サービス開始…センサーで血糖値測定しアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日本生命保険が、中小企業の社員向けの健康サポート事業を8月から始める。第1弾として、血糖値の変化をもとに専門医が生活改善を助言するサービスを手がける。首都圏など一部地域で始め、来年度以降、全国展開する。

 新サービスで、日生と契約を結んだ企業の社員は、腕に専用の小型センサーを2週間装着する。この間の血糖値の変動データを読み取り機でサイトに取り込むと、日本生命病院の糖尿病専門医による健康アドバイスが表示される。

 

 食後の短時間で血糖値が急激に上昇したり、高い状態が続いたりすると糖尿病の疑いがあるとされる。継続的な血糖値の測定により、食事内容や食後の運動に気を配ってもらう狙いもある。

 糖尿病は、がんや脳卒中といった三大疾病の原因になりやすいとされる。日本生命は、福利厚生の充実を図る中小企業の活用を想定している。料金は、従業員1人につき3万円。

 日本生命は、がんの早期発見技術を持つ新興企業へ出資するなど保険以外の健康事業の強化を進めており、健康サービスの充実を図る方針だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事