文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

タレント・女優 青木さやかさん

一病息災

[タレント・女優 青木さやかさん]パニック症(4)嫌いで仕方なかった母が末期がん 「仲直りの最後のチャンス」とホスピスへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[タレント・女優 青木さやかさん]パニック症(4)嫌いだった母と仲直り

 高校生の時、小学校の教師だった両親が離婚した。思春期の娘にとって、それまで立派な女性の象徴だった母のイメージが崩れ、嫌いで仕方なくなった。大人になってからも、母とはずっと不仲が続いていた。

 そんな母が一昨年、末期のがんでホスピスに入院した。

 「仲直りするには、これが最後のチャンス」

 知人のアドバイスもあり、地元・愛知県のホスピスまで、何度もハンドルを握った。

 「お母さん」

 「なに」

 「ごめんなさい、わたしは、いままで、いい子じゃなくて」

 今年5月に出版した著書「母」(中央公論新社)には、長年の確執を超えて、病床の母に謝罪の言葉をかけるシーンが生々しく描かれている。

 最後に母と仲直りできたことは、「ある種の安心感」をもたらした。

 以前のように他人を否定せず、怒らず、自分を認めることができるようになった。

 「『他人を信用できず傷ついてしまう』という、自分の人間関係のストレスの根本には、それまでの母との関係性があったのだと思います」

 母と仲直りして、次第にパニック症の薬も不要になっていった。病気がよくなった一番の要因は、母との仲直りだったと感じている。

タレント・女優  (あお)()さやかさん(48)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

タレント・女優 青木さやかさん

最新記事