文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

脳動脈瘤とともに<4>回復 仕事ができる喜び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 くも膜下出血を発症した後に回復し、社会復帰を果たした人にも出会った。

脳動脈瘤とともに<4>回復 仕事ができる喜び

車の運転も認められた筒井さん(仙台市で)

 宮城県名取市に住む高齢者施設の職員、筒井瑛里さん(34)は、今年1月6日、施設のお年寄りと一緒に体を動かしている最中に突然、めまいがした。車いすでベッドに運ばれ、すぐ強い頭痛が襲った。

 施設から連絡を受けた夫(35)が駆けつけてくれ、病院へ。コンピューター断層撮影法(CT)の検査でくも膜下出血が疑われ、脳神経専門病院の広南病院(仙台市太白区)に転院した。

 くも膜下出血は、脳の血管にできたこぶ、脳動脈 りゅう が破裂した時の出血量が多いと、救命が難しい。出血が少ない場合も、再発すると命取りになるため、血が止まった後で予防として開頭手術か、血管内治療が行われる。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事