文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

脳動脈瘤とともに<3>0・95% 迷った末決断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
脳動脈瘤とともに<3>0・95% 迷った末決断

Bさん(左)は現在も片岡さんの診察を定期的に受ける(大阪府吹田市で)

 1年間で0・95%。脳の血管にできるこぶ、脳動脈 りゅう が破裂する危険性について、日本脳神経外科学会の研究チームが約6000人の患者を追跡して推計した数字だ。こぶの最大径が大きいほど、危険性は高まるとされる。問題は、そのリスクをどうみるかだ。

 大阪府の会社員女性Bさん(56)は2016年8月、大阪市内の病院で検査を受けた。父が脳 梗塞こうそく になり、自分もそうなるかも、と思った。脳梗塞ではなかったが、約7ミリの脳動脈瘤が見つかった。

 「良かったですね。すぐに手術しましょう」と医師。「何が良いことなの」。Bさんは混乱した。

 日本脳卒中学会の指針では、脳動脈瘤が5~7ミリ以上なら、開頭手術や血管内治療を検討することが勧められる。治療で、後遺症などが出る可能性も数%ある。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事