文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」

医療・健康・介護のコラム

私が通う病院には腫瘍内科医がいません。どうしたらいいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 腫瘍内科とは、「がんを診る内科」です。外科医が手術を行い、放射線科医が放射線治療を行うのに対して、腫瘍内科医は、抗がん剤、ホルモン療法、分子標的治療、免疫療法などの「がん薬物療法」を担当します。がん薬物療法は日々進歩し、様々な薬が使われるようになっていて、それとともに副作用管理も複雑になっていますので、薬物療法を専門とする腫瘍内科医が担うのが理想です。

私が通う病院には腫瘍内科医がいません。どうしたらいいですか?

イラスト:さかいゆは

納得できる治療を受けられているかが重要

 でも、がん治療を受けている方で、腫瘍内科医にかかっているケースは、必ずしも多くありません。現在、日本臨床腫瘍学会が、腫瘍内科の専門医である「がん薬物療法専門医」の認定を行っていますが、2021年7月現在の専門医数は、全国で1530人です。年間約100万人が新たにがんと診断され、年間約38万人ががんで亡くなっている中、それに対応すべき腫瘍内科医が1530人しかいないというのは、まだまだ不足していると言わざるをえません。

 腫瘍内科医が不足している中で、がん薬物療法を担当しているのは、主に、外科系の医師です。もともと日本では、外科系の医師ががん診療全般を担ってきた歴史があり、一人の担当医が、診断から、手術、がん薬物療法、緩和ケアまで、すべてを担うことは珍しいことではありません。このコラムを読んでくださっている患者さんの中にも、外科系の医師のもとでがん薬物療法を受けているという方は多くおられると思います。

 腫瘍内科医がいて、がん薬物療法を担当してくれるのが理想ではありますが、腫瘍内科医がいるかどうかよりも、きちんとコミュニケーションがとれて、治療目標を共有できていて、納得できる治療を受けられていることの方が重要です。腫瘍内科医がいなかったとしても、担当医から十分な説明があり、納得して治療を受けていて、困ったことに適切に対応してもらえているのであれば、そのまま治療を受けていて問題ありません。

セカンドオピニオンを腫瘍内科医に求める方法も

 日本では、診断からずっと一人の医師が担当し続けてくれることに安心感を抱く患者さんも多く、このスタイルが日本の医療の特徴でもありました。外科系の医師のオールマイティーな能力が、日本のがん医療を支えてきたとも言えます。

 ただ、がん薬物療法が進歩し、多様になる中で、外科系の医師が手術の合間に薬物療法も手がけることは、容易ではなくなってきました。これからの時代は、「外科系の医師には手術に専念してもらい、腫瘍内科医が薬物療法を担う」という役割分担をする方が、より適切ながん医療ができるはずです。

 もし、納得できる説明が受けられなかったり、治療に不安を感じていたりして、腫瘍内科医の意見を聞きたいということであれば、近隣の病院にいる腫瘍内科医を調べて、セカンドオピニオンなどの形で意見を求めてみるという方法もあります。がん薬物療法専門医のリストは、 日本臨床腫瘍学会のホームページ で公開されていますので、ご確認ください。最近は、直接、病院を受診することなく、インターネットを用いてオンラインでのセカンドオピニオンを行っている病院もありますので、近隣でなくても、セカンドオピニオン受診は可能です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takano_toshimi_120-120

高野 利実 (たかの・としみ)

 がん研有明病院 乳腺内科部長
 1972年東京生まれ。98年、東京大学医学部卒業。腫瘍内科医を志し、同大付属病院で研修後、2000年より東京共済病院呼吸器科医員、02年より国立がんセンター中央病院内科レジデントとして経験を積んだ。05年に東京共済病院に戻り、「腫瘍内科」を開設。08年、帝京大学医学部付属病院腫瘍内科開設に伴い講師として赴任。10年、虎の門病院臨床腫瘍科に最年少部長として赴任し、「日本一の腫瘍内科」を目標に掲げた。10年間の虎の門時代は、様々ながんの薬物療法と緩和ケアを行い、幅広く臨床研究に取り組むとともに、多くの若手腫瘍内科医を育成した。20年には、がん研有明病院に乳腺内科部長として赴任し、新たなチャレンジを続けている。西日本がん研究機構(WJOG)乳腺委員長も務め、乳がんに関する全国規模の臨床試験や医師主導治験に取り組んでいる。著書に、かつてのヨミドクターの連載「がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~」をまとめた、「がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う『HBM』のすすめ―」(きずな出版)がある。

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」の一覧を見る

最新記事