文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

武井明「思春期外来の窓から」

医療・健康・介護のコラム

教室に入るのが怖い…「誰とでも仲良くするいい子」が高1で突然、不登校になった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

おばあちゃんの焼く煎餅は

 通院を始めて6か月が経ちました。この頃になると亜美さんは、煎餅屋を営んでいるおばあちゃんの家に遊びに行くようになります。おばあちゃんと煎餅を焼きながら、いろんな話をします。おばあちゃんは、何を言ってもウンウンと話を聞いてくれます。ある日、おばあちゃんが、

 「煎餅にはどれひとつ同じ形はないんだよ。だから、完璧な煎餅なんてありえない。『1+1=3』くらいの気持ちで焼くこと。そう思うと、いい煎餅を焼かなくてはいけないという焦りがなくなる」

 と話してくれたということです。

 亜美さんはおばあちゃんの話を聞いて、ハッとしました。相手の気持ちを正確に読もうとして、これまで頑張り過ぎていたと思いました。もっといい加減でいいのかもしれないと思うようになりました。

 その後、亜美さんは、高校2年時から通信制高校に転学し、心から信頼できる友達と出会うことができました。今は高校を卒業し、専門学校で元気に過ごしています。

いい加減がいい

 亜美さんは小さい頃から、周りの人たちの気持ちを読むことに一生懸命でした。相手の気持ちを正確に、間違いのないように理解しようと努めてきました。しかし、相手の本当の気持ちは簡単にわかるものではありません。

 亜美さんは、相手の気持ちをどうしても悪いほうに解釈してしまいがちでした。自分は同級生から悪く思われていると考えてしまいました。それで、教室にいると周りに過敏になり、登校できなくなりました。

 他人の本当の気持ちなんて誰にもわかりません。当の本人でさえ、自分の本当の気持ちがわからないことがあります。こころのなかに「好き」と「嫌い」という相反する気持ちを同時に持っている場合もあるので、本当の気持ちがどちらなのか本人にもわからないのです。複雑であいまいで流動的なのが、人間のこころなのかもしれません。そんな得体の知れないものと向き合うには、亜美さんのおばあちゃんが言うように、「いい加減がいい」ということになりそうです。(武井明 精神科医)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takei-akira_prof

武井 明(たけい・あきら)

 1960年、北海道倶知安町生まれ。旭川医科大学大学院修了。精神科医。市立旭川病院精神神経科診療部長。思春期外来を長年にわたって担当。2009年、日本箱庭療法学会河合隼雄賞受賞。著書に「子どもたちのビミョーな本音」「ビミョーな子どもたち 精神科思春期外来」(いずれも日本評論社)など。

武井明「思春期外来の窓から」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事