文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

コロナ禍 神戸<5>「最期は自宅」家族の結論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 コロナ禍でも家族のこころを結びつけたい。神戸市の北須磨訪問看護・リハビリセンター所長、藤田愛さん(55)は4月中旬、認知症がある80代の男性を訪ねた。妻と2人暮らし。

コロナ禍 神戸<5>「最期は自宅」家族の結論

3回目の緊急事態宣言が出されたばかりの神戸市の中華街。閑散としていた(4月25日)

 男性は新型コロナウイルスに感染し、症状は軽いが、薬の管理が難しい。妻はまだ陰性。2人とも室内ではマスクをしない。長女は他県におり、母にわだかまりがあって、実家と距離をとっていた。

 藤田さんは毎日、長女に電話をした。病床が 逼迫ひっぱく し、重症化しても入院できない状況を説明しても、その危機がなかなか伝わらない。「母に頑張ってもらいたい」と繰り返された。

 けれども藤田さんは、やりとりのなかで、長女のこころの奥底に両親を慈しむ気持ちがあり、もがいていることに気づいた。このわだかまりは、解決できるものだ。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事