文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

中外製薬のコロナ軽症用「抗体カクテル療法」の点滴薬、19日に承認の可否審議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は12日、「抗体カクテル療法」と呼ばれる新型コロナウイルス感染症の治療薬候補について、19日に専門部会を開き、承認の可否を審議すると発表した。承認されれば、国内で使用できる新型コロナの治療薬としては4例目。軽症者用としては初となる。

 この薬は、新型コロナの回復者の抗体を利用するなどして作った二つの中和抗体「カシリビマブ」と「イムデビマブ」を組み合わせた点滴薬。米製薬企業リジェネロンが開発し、日本では中外製薬が販売を担う。海外の臨床試験では、入院や死亡のリスクを7割減らす効果などが確認されたといい、米国では緊急使用許可の対象になっている。

 中外製薬は、審査期間を短縮する「特例承認」の適用を求めて、6月末に申請。承認された場合、中外製薬は2021年分の国内への供給量を確保することで政府と合意している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事