文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

がんのサポーティブケア

医療・健康・介護のコラム

がんのサバイバーシップとは 診断された時から亡くなるまで 中長期の合併症のフォローや就労支援も がん患者の日常を支える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

がん専門医とプライマリケア医が連携

――がんサバイバーシップに関わる課題は幅広いですね。

 長期・晩期の合併症対策といった医学的なテーマがまず挙げられます。それだけでなく、長期的なフォローアップなど公衆衛生やプライマリケアが関わる分野もあります。さらには、健康格差や就労、経済的困難、家族関係、恋愛・結婚など、生活全体や社会のしくみが関わるテーマもあります。

 長期的なフォローアップや晩期合併症の問題は、患者さんが長生きできるようになった今、急いで対応しなければならないテーマです。また、がんになった後の食べ方や身体活動など健康増進についてのエビデンスを早く出すことも重要です。

――がん専門医とプライマリケア医の連携も、これからの課題に挙げていらっしゃいますね。

 全国で毎年100万人ががんになる時代です。がん専門医は治療に注力するのが本来の役割ですし、増え続ける患者さんのその後をすべてフォローする余裕はないでしょう。近年、がん患者の長期フォローアップを、地域のプライマリケア医と連携する動きが生まれ、これは世界的な動きでもあります。

 どのような連携のしくみが効果的なのかは、東京のような都市部と地方では事情が異なると思います。国立がん研究センターの研究班でも検討を進めているところです。

がんサバイバーの疾病予防 エビデンス作りが必要

――がん医療の進歩によって生存率が向上した反面、新たな課題が生まれているということでしょうか。

 がん治療による合併症は、場合によっては何年も続くこともあります。さらに、治療が終わってから何年もあとに出る晩期合併症もあります。これら長期・晩期合併症への対応は、がんになっても長生きできるようになったからこそ浮上してきた課題と言えます。また、がん治療が認知機能に及ぼす影響も注目されています。

 長期・晩期合併症が特に課題になるのは、高齢者よりも、小児期やAYA世代にがん治療を受けたサバイバーです。抗がん剤などの強力な治療を受けてがんが治っても、その先の人生が長いからです。これからデータを積み重ねる必要があります。

――がんサバイバーの予防のエビデンスが不足しているというのは、どういうことですか?

 がん経験のない一般人のエビデンスはあっても、がん患者さんに関するデータは足りません。がんになった後の健康づくりの研究が重要になってきています。

 たとえば、乳がんなど一部のがん種では、よくからだを動かすがんサバイバーのほうががんで死亡する可能性が低いという結果が出ています。サバイバー向けの運動プログラムも開発されています。今後、研究の発展が期待される領域です。

3 / 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

supportive-care_120-120

がんのサポーティブケア

 がんやがん治療に伴う副作用が及ぼす痛みやつらさを和らげ、がんと闘う患者を支えるのが「がんのサポーティブケア(支持医療)」です。手術や放射線、薬物療法をはじめとする、がんを治すための医療と車の両輪の関係にあります。この連載では、がんに伴う痩せの悩みや、治療に伴う副作用、痛みや心のケアなど、がんのサポーティブケアが関わるテーマについて月替わりで専門家にインタビューし、研究の最前線や患者・家族らへのアドバイスについて伺います。

がんのサポーティブケアの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事