文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ファイザー製の接種間隔「3週間超でも効果失われない」…厚労相

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 田村厚生労働相は9日の閣議後記者会見で、通常は3週間とされる米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの1回目と2回目の接種間隔について、「仮に3週間を超えても、(すぐに)効果が失われるわけではない。2回目の接種をやめず、なるべく早く打ってほしい」との見解を示した。

ファイザー製の接種間隔「3週間超でも効果失われない」…厚労相

田村憲久・厚生労働相

 ファイザー製ワクチンの供給量が7月に入ってから減少し、市区町村の接種計画に遅れが生じていることを踏まえた発言。田村氏は「6週間程度は一定の有効性が認められるとの報告が複数ある」と説明した。

 厚労省の資料によると、米国や欧州連合(EU)諸国では、3週間を超えた場合、6週間を目安として示している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事