文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

医療・健康・介護のコラム

[タレント 川村ひかるさん](上)子宮内膜症、若年性更年期障害…相次ぐ病の経験をばねに健康関連の啓発活動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

完璧主義な性格を反省 「お弁当作りやめます」と夫に宣言

[タレント 川村ひかるさん](上)子宮内膜症、若年性更年期障害…相次ぐ病の経験をばねに健康関連の啓発活動

――女性の体調管理は大変ですね。

 体調がガクッと悪くなったり、病気になったりしてから徹底的に改善すると、しばらくは体調がいいんです。でも忙しくなると、また悪くなる。なぜなのか、自分でもよく分かるんですけど、完璧主義的な性格のせいもあります。例えば、仕事がある日は、主人と息子のためにお弁当を作ってから出かけることを、ずっとやっていました。でも今は体調が思わしくないので、それをやめることにしたんです。

 ママあるあるですが、家族の料理を作っても自分は食べる時間もないまま、仕事に出て、低血糖で体調が崩れる。だから今日は、仕事の合間に食べようと、ゆで卵やスープを作って持ってきました。骨つき肉をセロリとニンジンで煮込んだボーンブロススープですが、骨からアミノ酸エキスが出るので、それを魔法瓶に入れて1日のうちにちびちび飲む。私は低血糖症なので、1日5食とか、分食して栄養補給しないといけないのですが、それは無理。でもスープならエネルギー補給しやすいですね。

 今の年齢からホルモンバランスを悪くして、あと2、3年で閉経っていうのもつらいので、いろいろリスクになることはやめようと思って、まず「もうお弁当作りをやめました。あとは2人でお願いね」って主人に宣言しました。

夜間はスマホを機内モードにして情報遮断

――生活習慣の見直しから取り組んでいるんですね。

 病院でこの先生に出会ったから治る、っていうことはないんですよ。今回も体調が悪くなっていくつか病院に行きましたが、日々の生活習慣や食事で体調の土台は作られます。ストレスをためないとか、夜中までスマホを見ないっていうのも大事。子どもは早く起きるので、朝は5時頃には起きないといけません。それには早く寝るため、夜9時以降はメールなどが来ないようにスマホを機内モードにしています。仕事関連などの大事な連絡はLINEなんかでは来ないし、返信は起床後でも十分事足ります。そうやって、自分を守り、リズムを作ることが大事だと思います。

――だいたい何時頃に寝ていますか。

 夕飯を作った後、もう7時半とかでも疲れる日は寝ちゃいます。「パパよろしくね」って。子供が帰ってきたらお風呂に入れて、夕飯さえ作っておけば、あとは2人のタイミングで食べてもいいし、遊びたいなら遊んでいてもいい。とにかく朝は早く起きて、ご飯を作って、息子を幼稚園に送迎しないといけないので。

――脳動脈瘤は様子を見るしかないですか。

 そうですね。定期的に検査を受けて経過観察ですね。これは、原因は分からないですけど、もう一生付き合っていくしかないですね。

タレント 川村ひかるさん

かわむら・ひかる 1979年、東京都出身。人気グラビアアイドルとして活躍後、発酵プロフェッショナル、オーソモレキュラー・ニュートリション・エキスパート、こども分子栄養学アドバイザー、健康管理士、JAAアロマコーディネーター、野菜ソムリエの資格を取得。健康やダイエット、アンチエイジングについて多くの講演やセミナーなどの経験を重ねる。著書に「発酵美人」(幻冬舎)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事