文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

なかさとみ「吉本芸人 卵子提供で2人のママに」

医療・健康・介護のコラム

告知しても4歳長男は卵子提供に理解も興味もなし 子供の感じ方は最大限に尊重したい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 皆さん、こんにちは。なかさとみです。世の中の人々に少しでも卵子提供について知っていただくために、このコラムではいろいろと詳しく書いていこうと思っています。今回は、「私が普段どんなふうに子供を育てているのか」について、ドナーの存在も交えて書いてみたいと思います。

子供の数だけあるドナーに対する感じ方

告知しても4歳長男は卵子提供に理解も興味もなし 子供の感じ方は最大限に尊重したい

 私は卵子提供を受けて出産した男の子を2人育てています。今まであまり詳しく語られてこなかったことで、もしかしたら気になっている方もいらっしゃるのではないかとも思うのですが、それは、卵子提供で子供を育てている家族におけるドナーの存在です。

 こちらについては各家庭、実に様々なのですが、なぜ「様々」になるのかというと、「子供の数だけ、ドナーに対する感じ方、受け取り方がある」からです。実際、わが家の子供たちと他の当事者さんのお子さんでは、「ドナーに対する感じ方、受け取り方、解釈の仕方」は全く違っていたりします。

 ある先輩当事者さんは、我が家よりも年上のお子さんを育てていらっしゃいます。話を聞かせていただくと、ドナーについて、わが子とは全く違う感じ方をしていました。もちろん子供の年齢が違うこともありますが、総じて、小さな頃から告知を受けているお子さんは、自然な形でドナーの存在を受け止めていることが多いなぁ、という印象があります。

何度も告知しているのに…

 さて我が家の場合、その子の誕生日に成長段階を考えた告知を行っていますが、長男が4歳、次男が1歳なので、次男の方はまだ何にも分かっておりません。しかし、かといって4歳の長男が分かっているかというと、そうでもなく、すでに何回も告知しているのに卵子提供そのものも理解していなければ、興味も全くない、といったところです。

 ここで「4歳でしょ? まだ何も分からなくて当然じゃない」と思わないでいただきたいのです、どうしてかというと、他の当事者さんのお子さんの中には、2歳や3歳、4歳でも、子供なりに理解したり、興味を持ったりするケースもあるからです。

思春期や結婚を機にドナーへの気持ちに変化も

 また、研究論文などによると、ドナーの存在に興味を示す子もいれば示さない子もいたり、子供の年齢が上がることで感じ方に変化が生じたりもしますので、その時点だけで、すべてを判断することは難しいのです。例えば、思春期になった時、自分が結婚する時などを機に、ドナーに対する気持ちに変化が表れたりすることもあるようです。

 なので、我が家の長男の気持ちも、これからどんどん変化してくることはあるだろうな、とは感じていますが、一番大切なのは、その時その時の子供のドナーに対する感じ方を最大限に尊重することだと思っています。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

nakasatomi_prof_ver2

なか さとみ

 1971年生まれ。吉本興業所属芸人。2015年より不妊治療をしたが妊娠に至らず。卵子提供で2人の子どもを出産。19年1月10日、日本で初となる当事者による卵子提供自助グループ「アン・ネフェ」を発足。自身の経験をもとに発足以来、延べ200人以上の相談を受けている。

なかさとみ「吉本芸人 卵子提供で2人のママに」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事