文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

なかさとみ「吉本芸人 卵子提供で2人のママに」

医療・健康・介護のコラム

告知しても4歳長男は卵子提供に理解も興味もなし 子供の感じ方は最大限に尊重したい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一緒に暮らすことで似てくる親子

 今現在、我が家の場合は、ドナーに興味を示さない長男に合わせて、誕生日以外の日には卵子提供やドナーの話などは一切せずに暮らしています。私自身も「子供たちの母親は、この世にたった一人。私だけだ」と思っていますので、普段はドナーを意識することはほとんどありません。先日も長男が「○○ちゃん(長男の名前)とママは目が似ている、○○ちゃん(次男の名前)とママは口が似ている」と言ってきたので、「そうだね!」と応じたように、長男の感じていること、言っていることを尊重しています。

 そして、皆さんが気になるもう一つに、容姿のことがあるかと思いますが、私が卵子提供で産んだ子供を育てていて感じるのは、長い年月一緒に暮らしていると、家族は似てくるんだなぁと言うことです。子供が成人するまで同居すると、24時間×365日×20年、これだけ長く一緒に暮らしていたら、どんな親子でも似てきてしまいます。夫婦ですら、長い年月を一緒に暮らせば、食べ物の好みや価値観などが似てきますよね。一緒に暮らすことによって、親の長所、短所の両方から、子供は大なり小なり、無意識に影響を受ける部分が多分にあると思うのです。

 長男は、私の話し方と同じように話すことが多くて、困ってしまうこともあるのですが(笑)、最近では、夫にしかられて涙を耐えている表情が私にそっくりだったので、「きっと私もこんな顔しているんだろうな」と思いました。年月を重ねるごとに、表情などが「似てきたなぁ」と思うことが増えました。それくらい子供は、親が思う以上に親のことをよく見ていますし、親のことが大好きなんです。

 きっと、どこの家庭でも同じだと思います。ほとんどの親御さんが「私の悪いとこばっかり似て困るのよ〜」と思っていらっしゃるのではないでしょうか? しかし、その顔はどこかうれしそうだったりします。

 卵子提供で子供を産んだ私たちも全く同じです。時に笑い、時に涙し、ドタバタとあわただしく日々は過ぎていき、どこにでもある「普通の家族」です。皆さんと全く同じです。

それぞれの家庭に、その家族のあるべき姿がある

 このように書くと、もしかしたら読者の中には「告知がある時点で普通とは違うだろう」と思う人がいるかとは思いますが、そのように「区別すること」はマイナスを生むだけで、何もプラスを生み出さないと私は思っています。家族という意味では皆同じだけれど、「それぞれの家庭に、その家族のあるべき姿がある」と私は思っていて、私は子供たちにそのように伝えたいなと思っています。

 卵子提供で生まれた子供が「うちは普通じゃない」と感じておらず、むしろ他の家庭と同じだと感じていたら(実際には、そのように感じている子供もいます)、どうか皆さんはそんな子供の気持ちを尊重してあげてほしいと思います。

告知しても4歳長男は卵子提供に理解も興味もなし 子供の感じ方は最大限に尊重したい

長男が作ってくれた折り紙

 こちらは、長男が幼稚園で私のために作ってくれた折り紙です。この折り紙を長男から手渡された時に「ママのこと好きって思いながら作った」と言われました。

 今回のコラムをお読みくださった皆さんが、少しでも前向きに私たち当事者について受け取っていただけたら、とてもうれしいなと思います。(なかさとみ)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

nakasatomi_prof_ver2

なか さとみ

 1971年生まれ。吉本興業所属芸人。2015年より不妊治療をしたが妊娠に至らず。卵子提供で2人の子どもを出産。19年1月10日、日本で初となる当事者による卵子提供自助グループ「アン・ネフェ」を発足。自身の経験をもとに発足以来、延べ200人以上の相談を受けている。

なかさとみ「吉本芸人 卵子提供で2人のママに」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事