文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.イワケンの「感染症のリアル」

医療・健康・介護のコラム

新型コロナ「反ワクチン本」は「言論の自由」なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ワクチンの普及で感染者数激減 対策の切り札に

新型コロナ「反ワクチン本」は「言論の自由」なのか

 新型コロナウイルスワクチンの危険性を主張する書籍がインターネット通販サイト「アマゾン」で一時販売停止となり、一部の「感染症屋」の間で話題になりました。その後、この本は同サイトで販売再開となり、「あれは一体、なんやったんや」とこれまた話題になりました。

 新型コロナウイルスに対するワクチンは複数ありますが、日本で承認されたものは、いずれも発症を防ぐ大きな効果が質の高い臨床試験で示されています。また、その安全性も厳密に吟味され、有効性は安全性を大きく上回ることも確認されています。新型コロナウイルス感染症は世界的なパンデミックとなり、様々な対策が講じられてきましたが、ワクチンこそが「切り札」です。

 白状すると、ぼくも去年までは、新型コロナウイルスに効果的なワクチンがすぐできるとは思っていませんでした。ワクチン開発には通常、長い年月を必要としますし、多くのワクチンは開発されても、有効性や安全性に問題があって現場で使えなかったりしたからです。

 ところがどっこい。多くの企業が次々と新しいSARS-CoV-2に対するワクチンを開発し、臨床試験でその有効性と安全性を示しました。その後、複数の国で大量のワクチン接種が提供され、そうした国では感染者数がみるみる激減しました。

 もちろん、予防接種以外の感染防御の対策も同時進行で行われたわけで、ワクチン「だけ」がこうした結果を出したわけではないのですが、ワクチンが新型コロナの先の見えない悲惨な状況に光をもたらし、ワクチンの普及が新しいコロナ以後の世界を期待させたのは事実です。ぼくは、去年までの自分の予想が大外れしたことを、とても喜んだのでした。悪い予想が外れるくらい、よいことはありません。

天然痘ワクチンの時代からあった「反ワクチン」

 とはいえ、新しく世に出たばかりのワクチンの有効性や安全性はどうなの? と心配するのは、むしろ当然のことでしょう。予防接種の提供には丁寧な情報提供や説明、疑問質問への回答が大事になります。もちろん、最終的にワクチンを接種しない権利も、個々人に担保されていなければなりません。

 が、世の中にはかなり確信犯的に「ワクチンは怖い」「ワクチンは危ない」「ワクチンは効かない」とワクチンの有害性を主張し、接種しないほうがよいとアピールする人たちがいます。ありもしない情報をでっち上げたり、過度に危険をあおったりします。これがいわゆる「反ワクチン」派の人たちです。海外ではアンチバクサー(anti-vaxer、あるいはanti-vaxxer)と呼んでいます。

 アンチバクサーの歴史は長く、最古のワクチンである天然痘ワクチンの頃までさかのぼります。そして、現在も世界中にアンチバクサーがいて、たくさんの反ワクチン活動に従事しています。アンチバクサーは時間的にも空間的にも普遍的なのです。こうしたアンチバクサーたちは陰謀論を広めて、寄付を募り、多くの資金を得ています。

History of Anti-vaccination Movements |The History of Vaccines [Internet]. [cited 2021 Jul 1].

How COVID-conspiracists and anti-vaxxers are getting organised and making money [Internet]. sky news. [cited 2021 Jul 1].

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iwaken_500

岩田健太郎(いわた・けんたろう)

神戸大学教授

1971年島根県生まれ。島根医科大学卒業。内科、感染症、漢方など国内外の専門医資格を持つ。ロンドン大学修士(感染症学)、博士(医学)。沖縄県立中部病院、ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、同市ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院(千葉県)を経て、2008年から現職。一般向け著書に「医学部に行きたいあなた、医学生のあなた、そしてその親が読むべき勉強の方法」(中外医学社)「感染症医が教える性の話」(ちくまプリマー新書)「ワクチンは怖くない」(光文社)「99.9%が誤用の抗生物質」(光文社新書)「食べ物のことはからだに訊け!」(ちくま新書)など。日本ソムリエ協会認定シニアワインエキスパートでもある。

Dr.イワケンの「感染症のリアル」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

企業や関連データをどこまで信じていいか?

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

過去にも様々な治療薬が副作用で後に販売停止になっています。ワクチンを予防薬ととらえた時、相似の関係が成立します。反ワクチンでも様々なトーンの、様...

過去にも様々な治療薬が副作用で後に販売停止になっています。ワクチンを予防薬ととらえた時、相似の関係が成立します。反ワクチンでも様々なトーンの、様々な表現がありますが、それらすべてを否定するのはそれこそ傲慢(ごうまん)ではないかと思います。くだんの書籍は僕もチェックしてレビューを書きましたが、論理の飛躍がありました。画像診断とか、最近のウイルス学や分子生物系の学会の知見を勉強しに行っていれば、その理屈にはならないのに、読者もそんな難しい話や真実を求めていないのを理解して、文章が構成されていました。一方で、データやワクチンの不完全性を持って警鐘を鳴らす反ワクチンの人にまでかみつくのは間違いでしょう。大学や学会の重鎮や著名人は専門家の名前を盾に、公式の看板を掲げるわけですが、その表現や態度によっては、むしろ、反ワクチン団体、というか、反ワクチン原理主義のトンデモ団体に人を流す結果になると思います。短期の結果と早期の解決を望む大衆や政治家の意志が今の時点でうまくいっているように見えることは良いことですが、むしろ接種と非接種の枠組みの声も出していってほしいと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事