文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「宿泊は個室」「濃厚接触者は隔離」、政府がホストタウン向けの指針改訂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 政府は30日、東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策強化のため、海外選手らの合宿先となる自治体(ホストタウン)向けの指針を改訂した。

 新たな指針によると、選手らの宿泊は個室とするが、難しい場合は感染症対策をとった上で相部屋を認める。相部屋の1人が感染した場合、原則、同室の全員を濃厚接触者として扱う。

「宿泊は個室」「濃厚接触者は隔離」、政府がホストタウン向けの指針改訂

国立競技場付近に設置された五輪シンボルマーク

 空港検疫で陽性が判明したケースでは、濃厚接触の疑いのある人を特定し、専用バスで政府などが指定する施設に移して一時的に隔離する。選手らが交流イベントに参加する際は、一般人と一緒に飲食することは極力避けるよう求める。

 政府は30日、ホストタウンとオンラインの会合を開き、新たな指針を説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事