文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

職域接種の新規受け付け、首相「停止を継続」…申請分は「精査して対応する」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
職域接種の新規受け付け、首相「停止を継続」…申請分は「精査して対応する」

新型コロナウイルス感染症対策関係閣僚会議で発言する菅首相(左端)(30日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 菅首相は30日、首相官邸で開いた新型コロナウイルス感染症の関係閣僚会議で、ワクチンの職域接種について「新規受け付けについては、停止を継続する」と述べ、当面再開しない方針を表明した。申請済みの分については「精査して対応する」と強調した。自治体による接種は「円滑な接種が続けられるように今後の配分の見通しを速やかに示す」と述べた。

 これに関連して、河野行政・規制改革相は会議後の記者会見で、自治体が独自に設ける接種会場で今後使用するワクチンの一部で、米モデルナ製に代わり米ファイザー製を配送する考えを示した。5000万回分を予定するモデルナ製の使途について、大学を含む職域接種へ約3700万回分、自治体に1200万回分を配分する方針も明らかにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事