文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

[コロナの現場]あの時、私は 第1部<5>第2波 一変した患者層

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[コロナの現場]あの時、私は 第1部<5>第2波 一変した患者層

感染が拡大した歌舞伎町の繁華街(2020年7月)

 多忙を極めた毎日に少し余裕ができ始めた2020年6月、「次の流行は冬」という声もあった。寒くなって空気が乾燥し、ウイルスが活発化しやすいためだ。ところが――。

 「こんなに早く第2波が来るなんて。ふざけないでくれよ……」

 7月に入るとすぐ、呼吸器内科医の 放生雅章ほうじょうまさゆき さん(58)は内心そう思わずにいられなかった。世間的な予測はあっけなく覆った。

 国立国際医療研究センター病院(東京都新宿区)で、新型コロナウイルス感染症の患者を診てきた。6月には一時、5、6人に減った入院患者は、7月半ばには30人まで急増した。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事