文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

医療・健康・介護のコラム

「組織」のぶつかりあいでも起きる股関節の痛み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

リハビリを基本とした治療を

 FAIと診断された場合でも、基本的にはリハビリテーションを中心とした治療が行われます。痛みが強い場合には、なるべく安静にしているなど運動量の調整が必要ですが、その間も状態に応じて股関節周囲の筋肉である大殿筋、中殿筋、小殿筋、内転筋、腸腰筋などを強化していきます。また、競技動作の改善も必要です。サッカーの場合、体幹の筋力不足により、上体をかぶせるような姿勢でキックしていたり、軸足の不安定感があったりと、さまざまな原因で股関節に過剰な負担がかかっているケースもあります。理学療法士やアスレチックトレーナーにアドバイスをもらいながら、日ごろの動きを改善していく必要があります。

 それでは、Lさんの経過です。

 サッカーのキック動作はしばらく休むことにしました。理学療法士によるリハビリテーションを開始し、骨盤周囲や脊柱の可動性を獲得するエクササイズを行いました。また、体幹の安定性を改善するメニューを行いました。徐々に痛みも改善してきたため、段階的にキック動作を行い、サッカーの試合に出ることができました。

股関節の痛みは、「組織」と「組織」のぶつかりあい

 症状に改善が見られない場合、関節鏡を用いて小さな手術創から、インピンジメントを生じている部位を切除することがあります。関節唇が傷んでいる場合には、部分切除や縫合術が行われます。また、画像検査上診断できる損傷はなく、股関節周囲を含む鼠径部に痛みを生じている状態を「グロインペイン症候群」と呼びます。痛みの部位は恥骨付近、内転筋や下腹部などさまざまです。この場合も、基本的にはリハビリテーションを中心としたメニューが組まれます。しかし、痛みが出てから治すのではなく、痛みが生じる前の段階から、しっかりとしたエクササイズメニューをこなしておきたいですね。(大関信武 整形外科医)

【スポーツ医学検定のご案内】
 私たちは、スポーツに関わる人に身体やけがについての正しい知識を広めて、スポーツによるけがを減らすため、「スポーツ医学検定」を実施しています。スポーツ選手のみでなく、指導者や保護者の方も受けてみませんか(誰でも受検できます)。
 第10回スポーツ医学検定は2021年11月28日(日曜)に開催予定です。申し込みは スポーツ医学検定HP にて行う予定です。
 本文のイラストや写真の一部は、「スポーツ医学検定公式テキスト」(東洋館出版社)より引用しています。スポーツに関わる様々な人からスポーツのけがに対する考えを掘り起こし、多様な視点でスポーツ医学や安全について考える note もぜひご覧ください。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

oozeki- nobutake_prof

大関 信武(おおぜき のぶたけ)

 整形外科専門医・博士(医学)、日本スポーツ協会公認スポーツドクター
 一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事

 1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。2002年滋賀医科大学卒業、14年横浜市立大学大学院修了。15年より東京医科歯科大学に勤務。野球、空手、ラグビーなどを通じて、野球肘、肩関節脱臼、アキレス (けん) 断裂、骨折多数など自身が多くのケガを経験。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「スポーツ医学検定」を開催している。現在、読売巨人軍チームドクター、栗田工業ウォーターガッシュ、拓殖大学ラグビー部、文京ラグビースクールでメディカル担当。19年ラグビーワールドカップでは選手用医務室ドクター、東京2020オリンピック・パラリンピックでは選手村総合診療所整形外科ドクター。八王子スポーツ整形外科、蓮江病院でも診療。

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やすの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事