文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[コロナの現場]あの時、私は 第1部<3>109人入院 院内感染ゼロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[コロナの現場]あの時、私は 第1部<3>109人入院 院内感染ゼロ

横浜港に接岸したクルーズ船。連日、救急車やバスで多くの患者が病院へ搬送された(2020年2月)

 いきなり3桁の患者を受け入れることになるとは、予想を超えていた。

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新型コロナウイルスの集団感染が起きた2020年2月、自衛隊中央病院(東京都世田谷区)には合計109人が入院した。感染症専門医の1等海佐、田村格さん(48)(現自衛隊佐世保病院副院長)は、想定外の対応を迫られた。

 「院内感染は覚悟しなければ」。大人数の受け入れを始める直前、そう考えた。感染症指定の病院だから備えはあった。感染症病床は10床、もしもの時には自衛官用の結核病床も50床ある。だが100人となると、多くの患者を一般病床に入れることになる。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事