文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

「覚醒剤」で逮捕・釈放後、ホテル療養の男性が行方不明…窓をこじ開けた形跡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大阪府は、新型コロナウイルスに感染した20歳代の男性が大阪市内の宿泊療養先のホテルから行方不明になったと発表した。捜査関係者によると、男性は大阪府警に覚醒剤を持っていた容疑で逮捕された後、感染が判明して釈放され、ホテルで療養していたという。府警などが行方を捜している。

 府によると、男性は19日夕から大阪市北区のホテル6階の部屋で療養。22日朝に連絡が取れなくなり、部屋からいなくなっていた。

 部屋の窓にこじ開けられた形跡があり、ホテル内部の防犯カメラに男性の姿は映っていなかったことから、窓から外へ出たとみられる。

 捜査関係者によると、男性については客観的な証拠もあったため、任意捜査に切り替えていた。こうした場合、釈放後の行動を確認することはないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事