文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ココロブルーに効く話 小山文彦

医療・健康・介護のコラム

【Track15】「発達障害」を疑われてきた22歳女性の困惑。その真相とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 仕事がはかどらない、人間関係がうまく結べない、何事にも意欲がわかない……。ある人の「いつもと違うこと」が目立つ場合は、うつ病が疑われます。2000年代初頭には、「うつ病は心の風邪」などの言葉が広く知られたことで、さまざまな元気のなさ(ココロブルー)を「うつ病では?」と疑うようになり、いわば「うつ病メガネ」で心の問題を見ようとする傾向が強まりました。これにより、うつ病予防の機運が高まった反面、多様な個人の性格までも、一律に「うつ?」とくくられやすくなるというデメリットも招かれるようになりました。

 そして、最近は、職場の誰かにみられる「まわりと違うこと」の原因として疑われやすくなってきたのが「発達障害」です。自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症(ADHD)、学習障害などをひとくくりにした病名です。こちらも同様に、個人の置かれた状況や困りごとの実態を知らないまま、つい「発達障害メガネ」で見てしまうと、その人の内面に隠れている不調や困惑の真相を見落としてしまうことがあります。

緊張であいさつもできない

【Track15】「発達障害」を疑われてきた22歳女性の困惑。その真相とは?

 22歳のエリカさん(女性)は、短大卒業後、地元のデパートに勤務しています。しかし、入社後のオリエンテーションでは、なかなか業務が覚えられず、顧客相手を想定したロールプレイもうまくできません。お客さんとの応対時にガチガチに緊張して、きちんと相手の目を見てあいさつすることすらできませんでした。

 このままでは、なかなか店舗での仕事は務まらないだろうという職場の判断で、エリカさんは、売り場に配属されず、バックヤードやサポートを務めるようになりました。

 しかし、そちらの仕事も順調には進みませんでした。一人で伝票入力をしたり、書類データの整理等はできるのですが、そうした処理中に突発的に先輩からのオーダーが加わったり、電話対応に直面したりすると、わたわたと慌ててしまうのでした。エリカさんのこうした姿は、「なかなか仕事が覚えられない」「一人での仕事はできてもチームワークができない」「同時に多くの処理ができない」などと、先輩や上司から評価されてしまうのも無理ありませんでした。

やがて胃痛と吐き気が襲ってきて

 入社して3か月めのある朝、エリカさんは、胃の辺りの痛みと吐き気に見舞われました。一人暮らしで買い置きの薬もなく、だんだん不安が高じてきました。職場には電話で連絡し、その日は仕事を休みましたが、安静にしていても症状はおさまりません。隣県の両親には、「心配かけたくない」との思いから、職場での様子もほとんど伝えていません。

 この時のエリカさんにとって、唯一、助けを求められる存在が、短大の同期で看護師をしているナツコさんでした。スマホでメッセージを送って状況を説明すると、ナツコさんは、夜勤明けにエリカさんのもとへ駆けつけてくれました。

 その頃には、次第に胃痛、吐き気もおさまってきてはいましたが、エリカさんは、今後の仕事のことが心配で、自分には勤まりそうもないことをナツコさんに打ち明けました。そればかりか、ある先輩が、自分のことを「発達障害ではないかとうわさしているみたい」と、泣きじゃくりながら訴えました。

 実は、ナツコさん自身も、学生の頃に進路の悩みから不眠となり、呼吸困難も続いた経験があり、私が治療したことがありました。そこで、エリカさんには、まず職場の産業医に相談し、そこから私の(当時)ストレス外来を受診するよう勧めてくれました。

 翌週、産業医からの紹介状を携え、ナツコさん同伴で、エリカさんが私の外来にやって来ました。紹介状には、「一つの業務はこなせるものの、同時多発の事態に対応できない」「人間関係がうまく結べない」「そのため発達障害を疑っている」と、産業医の意見が書かれてありました。産業医のもとを訪れたとき、エリカさんは緊張のあまり、自身の思いをほとんど語れなかったらしく、紹介状の産業医の意見は、職場上司らからの情報を基にしたものであることが申し添えられていました。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

koyama-fumihiko_prof

小山 文彦(こやま・ふみひこ)

 東邦大学医療センター産業精神保健職場復帰支援センター長・教授。広島県出身。1991年、徳島大医学部卒。岡山大病院、独立行政法人労働者健康安全機構などを経て、2016年から現職。著書に「ココロブルーと脳ブルー 知っておきたい科学としてのメンタルヘルス」「精神科医の話の聴き方10のセオリー」などがある。19年にはシンガーソング・ライターとしてアルバム「Young At Heart!」を発表した。

 今年5月14日には、新型コロナの時代に伝えたいメッセージを込めた 新曲「リンゴの赤」 をリリースした。

ココロブルーに効く話 小山文彦の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事