文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

【独自】千葉の放火殺人、叔母殺害容疑で30歳男を再逮捕へ…母親と共謀か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 千葉県船橋市で4月、民家が放火され、会社役員渡辺和彦さん(当時65歳)が死亡した事件で、殺人などの容疑で逮捕された無職一倉大悟容疑者(30)が、渡辺さんの元妻で伯母に当たる女性(当時64歳)を殺害した疑いが強まったとして、県警は25日に殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。女性の妹で、一倉容疑者の母親(60)も関与したとして殺人容疑で逮捕する。県警は一倉容疑者が伯母の後に渡辺さんを殺害したとみている。

【独自】千葉の放火殺人、叔母殺害容疑で30歳男を再逮捕へ…母親と共謀か

千葉県警察本部

 捜査関係者によると、一倉容疑者は母親と共謀し4月中旬~下旬、同県市川市の住宅で、伯母を階段から転落させ、殺害した疑いが持たれている。伯母は同23日、住宅の階段下で死亡しているのが見つかり、遺体の状況から数日前に死亡したとみられている。

 一倉容疑者は渡辺さんに多額の借金があり、渡辺さんの家から盗んだ絵画を換金したとされる。母親は今月上旬、元親族のクレジットカードを不正に使ったとして詐欺容疑で逮捕された。県警は、一連の事件の背景に一倉容疑者の金銭トラブルがあったとみている。

 一倉容疑者は4月25日未明、市川市で母親を殴ってけがをさせたとして、傷害などの疑いで緊急逮捕された。母親を殴った直後、渡辺さん宅に向かい、室内に火をつけて渡辺さんを殺害したとして、殺人と現住建造物等放火などの容疑で今月4日に再逮捕されていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事