文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

東京女子医大病院の2歳児死亡事故、麻酔科医ら5人に賠償責任認定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京女子医大病院で2014年、首の手術後に鎮静剤「プロポフォール」の大量投与を受けた男児(当時2歳)が死亡した事故で、男児の両親が麻酔科医ら7人に損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であった。男沢聡子裁判長は「投与は不適切だった」などとして、被告のうち5人に計約6060万円の賠償責任があると認定。一方、病院側が弁済のために既に約1億円を供託したことから、請求自体は棄却した。

東京女子医大病院の2歳児死亡事故、麻酔科医ら5人に賠償責任認定

東京地方裁判所

 判決によると、原告の長男の孝祐ちゃんは14年2月18日、同病院で首の腫瘍手術を受け、集中治療室(ICU)で人工呼吸器を付けての経過観察に移った。その後、人工呼吸中の子どもへの使用が「禁忌」とされているプロポフォールを約70時間投与され、同21日夜に心不全などで死亡した。

 判決は「プロポフォールは海外の死亡例を踏まえて禁忌とされており、医学的に相応の理由がない限り、使用は許されない」と指摘。ICUの副運営部長だった麻酔科医には相応の理由を検討せずに投与を決めた過失があるとし、容体管理にあたった研修医ら2人にも大量投与を続けた過失を認定した。執刀医ら2人も鎮静剤のリスクに関する事前の説明が不十分だったとした。

 原告側は訴訟で「医師らは鎮静剤の選択や投与量などを誤った」として、7人に計1億5000万~1億8000万円の賠償を請求。被告側は「選択や投与量が不合理だったとはいえない」と反論していた。

 孝祐ちゃんの父親は判決後の取材に「医師の過失が認められてホッとしたが、一言の謝罪もないのは残念だ」と述べた。母親は「息子を死なせた責任の重さを改めて考え直してほしい」と目に涙を浮かべて語った。東京女子医大の岩本絹子理事長は「尊い命、希望に満ちた将来を奪ってしまったことを心からおわびする」とコメントした。

 事故を巡っては、この日過失が認定された元副運営部長ら2人が今年1月、業務上過失致死罪で在宅起訴された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事