文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

医療・健康・介護のニュース・解説

医療費が高くなりそうで心配…自己負担額に上限 介護費・医療費の軽減制度とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
高額な介護費・医療費の軽減制度…自己負担額に上限あり

  医療や介護の費用負担が高額になりそうで不安です。

  医療や介護は、公的保険制度を利用すると、かかった費用の1~3割を負担します。それでも積み重なると負担が重くなることがあります。医療と介護のそれぞれについて、1か月の支払いのうち、自己負担の「上限額」を超えた分が払い戻される仕組みがあります。さらに年額の負担でも上限額を超えた場合、払い戻しを受けることができます。年額計算には医療と介護の合計額が用いられます。

  月額と年額による2段階の仕組みなのですね。

  まずは月額の仕組みについてですが、医療と介護のそれぞれで費用が払い戻されます。医療は「高額療養費」という制度です。年収400万円で、医療費の自己負担が3割の人が、医療費に100万円かかった場合を考えてみます。病院の窓口で30万円を支払いますが、上限額を超えた21万円ほどが後から戻ってきます。実質的な自己負担は9万円ほどで済む仕組みです。

 介護は「高額介護サービス費」という制度で、同様に上限額を超えた分が払い戻されます。8月から、一定以上の収入がある世帯は上限額が引き上げられるので注意が必要です。同じ世帯に、介護サービスを使う人が複数人いれば、合計した自己負担額に対し、上限額を超えた分が払い戻されます。

  医療も介護も支出が複数の月にわたれば、負担が大きく無視できません。

  その際には年額ベースの「高額医療・高額介護合算療養費」という制度で対応します。医療と介護の自己負担を合わせた1年間の支出額が、上限を超えれば払い戻されます。前述の月額ベースの制度と合わせて利用できます。

  手続きや注意点は?

  どの制度も原則、申請が必要です。制度ごとに、収入額や年齢による条件、対象となる費用などが決められているので、確認が必要です。

 手続きは市区町村や加入先の医療保険の窓口で行います。事前手続きをすれば、病院の窓口などで払い戻し分を差し引いて支払うこともできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事