文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

佐藤純の「病は天気から」

医療・健康・介護のコラム

梅雨明け熱中症に注意!日傘で頭髪温度は10度下がる…男子も持ち歩こう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「暑熱順化」を心がけよう

 これから始まる暑い時季を乗り切るために、今やっておくべきことはなんでしょうか。人は高温環境下で一定期間生活すると、「暑熱順化」という機能を獲得します。少しきついなと感じる強度の運動を、少しだけ暑い環境下で毎日20分、数日から1週間続けることで、順化することができます。そうすると、皮膚血管の拡張や発汗がスムーズに行えるようになって、迅速に効率よく体温を下げることができるようになります。運動が苦手という人は、入浴で汗をかいても結構です。シャワーですませる人が少なくありませんが、2~3日に一度は37~38度のぬるめのお湯に10~20分つかって汗をかいてください。

 また、日傘などを使って、人工的な日陰を作ることも効果があります。たとえば、真夏の昼下がりに日差しが当たると、頭髪の温度は45度前後に上昇しますが、日傘を使うと35度前後にとどまります。日陰の有無によって10度も差が出てきますし、この差が熱中症になる危険性を大幅に下げてくれるのです。帽子も頭部への直射日光を防いでくれますが、頭に汗をかくとむれるので、日傘の快適さにはかないません。最近は男性も日傘を持つようになってきました。屋外を歩くときには、利用することをぜひお勧めします。

環境変化の影響を受けやすい現代人

 現代は人の移動が激しくなって、慣れ親しんだ場所とは違う環境下で生活する機会も増えてきました。また、地球規模での環境の変化によって、季節の移り変わりや天候の変化もこれまでとは異なるケースが増えてきているので、体への影響も大きくなってきたと思います。

 その一方、科学の発達によって、エアコンなどを使えば季節や天候の変化にとらわれずに快適に生活できるようにもなってきました。しかしながら、人工的な環境の整備が進めば進むほど、実は、私たちの体は、気象や気候などへの適応力が落ち、環境変化の影響を受けやすくなっていると考えられます。

 近年は地球温暖化が進んで日本の年平均気温は上昇傾向にあり、長期的には100年で1.26度、都市部ではヒートアイランド現象の影響もあって3度前後も上昇しています。特に夏季には毎年、世界各地で異常高温が記録されており、たとえ屋内であっても熱中症の発生が報告されていますので、十分な注意が必要です。(佐藤純 愛知医科大学学際的痛みセンター客員教授)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sato-jun_prof

佐藤 純(さとう・じゅん)

 愛知医科大学医学部学際的痛みセンター客員教授。中部大学教授。
 1958年、福岡県久留米市生まれ。東海大学医学部卒業後、名古屋大学大学院医学系研究科で疼痛とうつう生理学、環境生理学を学ぶ。同大学教授を経て、現職。2005年より、愛知医科大学病院痛みセンターにて、日本初の気象病外来・天気痛外来を開設。

佐藤純の「病は天気から」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事