文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

佐藤純の「病は天気から」

医療・健康・介護のコラム

梅雨明け熱中症に注意!日傘で頭髪温度は10度下がる…男子も持ち歩こう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ジメジメとした梅雨が過ぎれば、暑さが本格化してきます。これからの季節に注意しなければいけないのは、やはり「熱中症」です。

意識が朦朧としていたら迷わず救急車

梅雨明け熱中症に注意! 日傘で頭髪温度は10度下がる…男子も持ち歩こう

 ヒトは恒温動物なので、体の中心部分の温度(核心温)は約37度に保たれています。核心には脳のような重要な臓器があるためです。そこで、暑さで体温が上昇すると、体にこもった熱を外に逃がして体温を下げようと皮膚の血管が拡張します。また、汗が蒸発するときに熱を奪う仕組みを利用して体温を下げます。このような働きを自律性体温調節反応といいます。また、行動性体温調節反応というものもあり、姿勢を変えたり、着衣を涼しいものに変えたり、避暑地や日陰へ移動したり、クーラーを利用したりすることで、暑い環境から逃避して体温が上がるのを防ぎます。

 ところが、暑い環境下でスポーツや長時間労働をして汗をかいているのに水分の補給が足りないと、全身を流れる血液の量が減ることで血圧が下がり、脳への血液量が減少します。そうなると頭がボーッとしてきますが、そのまま放っておけば、唇がしびれる、めまいや立ちくらみがする、一時的に失神するといった熱中症の症状が表れてしまいます。

 頭がボーッとするのは熱中症の初期症状の可能性が高いので、その時点でクーラーが利いた屋内や木陰の風通しのよい場所に移動したり、水分を補給したりといった対策を講じる必要があります。意識がはっきりしていれば、温度の低い場所で横になってもらい、保冷剤や冷えたペットボトルなどをタオルやハンカチで包んで、太い血管が通る首筋や脇の下を冷やします。そして自力で飲める場合は、スポーツドリンクや濃度0.1~0.2%の食塩水で水分を補給してもらいます。しかし、意識が 朦朧(もうろう) としていたら迷わず救急車を呼びましょう。救急車を待つ間も体に水をかけ、うちわやタオルであおぐなど、体を冷やす必要があります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sato-jun_prof

佐藤 純(さとう・じゅん)

 愛知医科大学医学部学際的痛みセンター客員教授。中部大学教授。
 1958年、福岡県久留米市生まれ。東海大学医学部卒業後、名古屋大学大学院医学系研究科で疼痛とうつう生理学、環境生理学を学ぶ。同大学教授を経て、現職。2005年より、愛知医科大学病院痛みセンターにて、日本初の気象病外来・天気痛外来を開設。

佐藤純の「病は天気から」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事