文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

歌手 太田裕美さん

一病息災

[歌手 太田裕美さん]乳がん(3)薬の選択肢少ない「トリネガ」 抗がん剤治療で5分と立てず…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[歌手 太田裕美さん]乳がん(3)抗がん剤 つらかった半年

 自分の乳がんは「トリネガ」だと医師から説明された。その言葉の響きに、脅かされる感じがした。トリプルネガティブ(三つの陰性)という意味だ。

 乳がんは、がんの広がりで1~4期に分類されるほか、がん細胞の特徴によっても区別されている。女性ホルモンに反応するタイプか。増殖にかかわるHER2(ハーツー)というたんぱく質があるか。これらの違いによって薬物療法の選択が変わる。

 トリネガは、二つの女性ホルモン受容体とHER2がいずれも陰性というタイプ。陽性ならホルモン療法薬や分子標的薬という治療法もあるが、陰性だと薬物療法は抗がん剤のみとなる。

 「お薬の選択肢が少ないと聞いています」

 2019年7月に手術を受け、9か月に及ぶ治療が始まった。8月からの抗がん剤治療は3週間に1回のドセタキセルという薬から開始。最初はつらかった。家に帰ってもだるくて、5分と立っていられず、横になった。「こんな私、今までになかった」

 それでも副作用止めの薬を飲むとだるさはかなり楽になった。手の皮がピリピリしてむける副作用も出たが、洗い物は夫がやってくれるので助かった。

 治療で仕事を休まない。抗がん剤治療中の11月、薬の時期をずらして、デビュー45周年の大きなコンサートをやり切った。その後もつらい抗がん剤治療は、翌年1月まで続いた。

歌手  太田(おおた)裕美(ひろみ) さん(66)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

歌手 太田裕美さん

最新記事