文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

「コロナは存在しない」荒唐無稽な主張するグループも…誤った情報、大量に出回る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナやワクチンを巡っては、誤った情報が大量に出回っている。

 SNS上では、ワクチンに遺伝物質のメッセンジャーRNA(mRNA)が使われていることを理由に、接種すれば「遺伝子を組み換えられる」という投稿が拡散。厚生労働省や専門家によると、mRNAは、細胞の核内に入り込むことはなく、遺伝情報に変化を起こすことはないという。

「コロナは存在しない」荒唐無稽な主張するグループも…誤った情報、大量に出回る

 「自閉症の原因になる」といった情報も広がっているが、誤りだ。ユーチューブやフェイスブックも、そうした内容の投稿を削除対象としている。

 「コロナは存在しない」という荒唐無稽な主張をするグループも存在するが、米疾病対策センター(CDC)が公開しているウイルスの写真を確認すれば、デマと分かる。「PCR検査は風邪も検出する。感染者数は水増しだ」との誤情報もあるが、検査は新型コロナ特有の遺伝子情報を基にしており、普通の風邪とは区別されている。

 接種後、不妊になるとの情報についても河野行政・規制改革相は20日、日本テレビの番組で「デマだ」と否定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事