文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

「生きているうちに会えるとは…」「夢みたいや」特殊な防護服着た娘と半年ぶりの対面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「父の日」の20日、奈良市の特別養護老人ホーム「平城園」で、頭の部分が透明になった特殊な防護服を着た家族が、入所する父親にプレゼントを手渡した。

「生きているうちに会えるとは…」「夢みたいや」特殊な防護服着た娘と半年ぶりの対面

家族と約半年ぶりに面会を果たした100歳の男性(中央)。娘(右)から父の日のプレゼントを手渡され、笑顔を見せた(20日午前、奈良市の特別養護老人ホーム「平城園」で)=里見研撮影

 平城園では、昨年12月から対面での面会を中止し、オンラインのみとしてきた。しかし、「直接触れ合う喜びにはかなわない」として、新型コロナウイルス対策の防護服を開発したテント製造大手・太陽工業(大阪市)から父の日前後に無償で借り受け、希望者に使ってもらっている。入所している男性(100)は、娘夫婦と約半年ぶりに面会。足用のクッションなどをもらい、「生きているうちに会えるとは思わなかった。夢みたいや」と笑顔を見せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事